長女の正月のつとめほぼ終了

スポンサーリンク

2019年も2日目。

本日は、長男一家が秋田から自宅へ帰る日。

予定では、10時頃に長男一家が宿泊している宿に迎えに行って、お昼を実家で食べさせて、午後一番に秋田新幹線こまちが出る大曲駅まで送る予定でした。

朝一番に私をあわてさせる電話が!

ところが朝一番、妹から電話が。

私の長男一家が本日帰るという情報を仕入れたようで、その前に一目あいたいから来るというではないか!!

ええぇ~~~
来るなら来ると、昨日から言ってよ!!
料理の段取りから、時間設定から、どうしてくれるんだよ(怒)
孫むけに、お子様用の料理しか準備してないのに(涙)


孫が食べやすいように工夫したおせち。これを全員に出しました。
煮豚、ピクルス、きんとん、黒豆、かまぼこのおつまみ風、ちくわの門松、ホタテのグラタン。孫には、これにうさぎの形のおにぎりを握りました。パニックで写真とれませんでした(涙)

それに輪をかけて頭に来たのが、母の態度。
「 妹たちが何か買ってくると言っているから、あるものだけ出せばいいよ。」
と、わけのわからないことを言う(怒)

正月には、お年始からお酒から仏様にあげるものまで、妹たちはいつもたくさん持ってくる。それなのに、何も料理を出さないですむ訳がないでしょ!

朝ごはんをかきこんで、急いで身支度。
とにかく、長男たちをむかえに行くまで、できる限りの追加の料理を作らねば。

さらに輪をかけて私をイライアさせたことは!

正月にわが実家では、お雑煮ではなく納豆汁を食べます。
秋田県の郷土料理で、お味噌汁に擦った納豆を入れます。寒い季節にはこれがおいしいのです。

この納豆汁だけは、ばあちゃんに作ってくれるようお願いしてました。

この要の正月料理は、ばあちゃんに作ってもらってみんなにふるまった方が、ばあちゃんのプライドが保てる、と思ってお願いしておいたのでした。

ところがもう半分ぼけているばあちゃん。昨日も念を押していたのに、今朝になって肝心要の納豆汁に入れる蕨の準備もしていなかった(涙) というか、納豆汁に何を入れるのか、もう思いだせないらしい。

そして、私が追加料理をつくらなくてはいけないというのに、ばあちゃんが台所を占領してバタバタ。

ばあちゃんに華を持たせようとした私が甘かった。もうばあちゃんに料理はたのめない。

なんだかんだでこれを12人分準備して、その他におつまみ盛り合わせ、フライ盛り合わせ、フルーツ盛り合わせ、つけもの盛り合わせ、昨日焼いたかぼちゃケーキなど、あるものを総動員してなんとか間に合わせました。

はぁ~~~、この時点でもう疲労困憊。

しかも孫は熱を出していた!

お迎えの時間になり、私はお昼の料理の準備で忙しくて、主人に往復してもらいました。

そうしたら、なんと孫は昨日の雪遊びのためか、年末から興奮しすぎたせいか、熱を出してしまい眠っているとのこと。また1時間半後に迎えにいくことに。

この間、テーブルを出したり、座布団を出したり、ストーブの石油を入れたり、コップを運んだり、お茶やジュースを運んだりとやることはいっぱい。ちょうど実家にいた次男が、このパニックのとばっちりを受けて下働き(笑)

ばあちゃんは戦力になるどころか、ぼっ~としていてかえって邪魔なくらい。これが年とるってことだよなぁ。

1時間半後、なんとかお昼の準備ができた私が、長男一家のお迎えに車を運転。孫はひと眠りしたらだいぶ元気になっていたので、ほっとしました。

打ち解けたと思ったらもう帰る時間

結局総勢12人
ばあちゃん、
妹夫婦、
妹の次女とその娘2人、
長男夫婦と孫、
次男、
私たち夫婦

なんとかお昼を食べたのでした。
ばあちゃんの納豆汁も、それなりにできて、孫も喜んで飲んでくれたのでよかった~~~

ご飯も食べ、はずかしがっていた子どもたちがなんとか打ち解けてきたころには、もう新幹線の時間。

とにかく、長男一家を無事に駅まで運転して送り届け、主人と次男はスキーに行き、妹一家はお茶をしてから帰りました。

嵐のような一日だったよ。

でもまぁ、これで正月の大仕事はほぼ終わりました。

あとはお客様が来るとしても、おばさんたち一家くらいだと思うのだけど・・・

来年からはもうばあちゃんはたよってはいけない

最近のばあちゃん、本当に衰えが来ている。

神棚から仏様から、もろもろの正月の用意とか、もう来年は私がすべてやらなくてはいけないな。もうばあちゃんをあてにしてはいけない。

こんなことがこれからどんどん増えていくんだろうな。

正月から刺激的な一日を過ごしました(笑)
なんとか無地にきりぬけられてよかった(ふぅ~~~)

下のバナーをクリックして、応援していただけるとうれしいです。


ブログランキング・にほんログ村へ



▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出たり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。2018年乳がん発症闘病中。カザフタンのシンガー、デマシュ クダイベルゲン dimash kudaigergen のファンです。 くわしいプロフィールはこちらです。