これでは感染は収束しない 特段の事情で外国人を入国させている政府

SHARE

これでは感染は収束しない 特段の事情で外国人を入国させている政府

以前にもこのブログで書きました。

日本政府は、外国人の入国を止めてはいません。

「特段の事情」という理由で、ずっと入国させています。

特段の事情が何なのか? 聞きもしませんし、特段の事情を証明する義務もありません。

だから、実習生も、留学生も、観光客も入り込んでいます。

ビジネスマンももちろん来ています。忙しいビジネスマンは2週間もじっとして待っているはずもなく、入国したらすぐに普通に働きます。

だって、自主隔離していいない事がわかっても、なんの罰則もないのですから。

 

1日300人の入国者がトンズラ!

制約した場所にいなかった。

連絡が取れなくなった。

つまり、日本政府は入国者に対して、強制的な隔離をしていなかっただけでなく、野放しにしていたということです。

まったく危機感がない Σ(・□・;)

 

上の入国者数を見たら、第4波は起こるべくして起きたのだとわかります。

いくら風邪と変わらないし、致死率も低いとわかっていても、持ち込まれるのはやっぱりイヤです。

なんでこんなに無責任な事ができるのか不思議です。

不要不急の外出はするな!

外食は8時まで、酒は飲むな!

あれもダメ、これもダメって日本国民に強制しておきながら、外国人は入国させて、自由にさせてるってどういうこと?

言いたいことはたくさんあるけど、今の日本政府は日本の政府ではなく、もはや中国人のための政府😢

だからこの政府に何を言ったって駄目だと気が付いた。

この政府をかえるしかありません。

中共の言いなりになる政府ではなくて、ちゃんと日本の国益を考えてくれる政府にしなくては、中国に飲み込まれるのは目に見えています。

次の選挙で、公明党と親中派議員を落とすこと!

それが日本を守る一番の近道だと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村