婆ちゃんとの温泉旅行 青森県不老不死温泉 リゾートしらかみ 五能線の旅

SHARE

婆ちゃんとの温泉旅行 青森県不老不死温泉 リゾートしらかみ 五能線の旅

母が歩けるうちに「リゾートしらかみ」に乗りたいと言う!

それを聞かされたら、連れて行かなくてはいけない😢

思い切って2021年4月13日~14日に、母を連れて旅行に行ってきました。

計画、手配はすべて私がしました。

海外旅行も一人で申し込んでいってしまう私なので、それくらいはなんていうことがないのです。

でも、杖をついてやっと歩ける母を連れての旅なので、ちょっと考えました。

 

旅行の日程 コース

今回のコースは、

1日目

自宅 → 自家用車で大曲駅 → 秋田駅 → リゾートしらかみ ウエスパ椿山駅 不老不死温泉に宿泊 

2日目

ウエスパ椿山駅 → リゾートしらかみで弘前駅 → 特急つがるで秋田駅 → 大曲駅 → 自家用車で自宅

というコースでした。


杖をついてやっと歩ける母に合わせて、観光地を見て歩くのはなしにしました。リゾートしらかみに乗る事、その車窓から景色を楽しむこと、温泉につかる事を目的にしました。

最近はどこへ行くのも私が車で送迎するので、10年以上電車には乗ったことがなかった母。秋田駅に久々に降りて、その変わりように驚いていました。浦島太郎状態 ((´∀`))ケラケラ

もはやまったく方向感覚がなくて、一人では絶対に乗り換えもできないと思います。

駅ビルをゆっくり見学。それだけでも新鮮で楽しかったようです。

 

秋田駅のナマハゲの前で記念写真

 

リゾートしらかみ なかなか良い列車でした

 

リゾートしらかみは、全席指定、秋田 ⇔ 青森 です。

日本海の絶景を見ながら五能線を走ります。

車窓からは、津軽富士と呼ばれる標高1625mの岩木山や、日本海の美しい海岸景観を楽しむことができて大人気。足が弱った婆ちゃんにピッタリです。

撮影スポットや見どころを放送で案内してくれます。停車はしませんが、徐行運転してくれました。

画像は千畳敷海岸付近

初日は雨が降って、海の景色も満開の桜もいまいちでしたが、二日目には雨も上がり、すばらしい景色を堪能することができました。

海岸線は、変化に飛んだ岩が続いていて、打ち寄せる波を見ていてもずっと飽きません。

海岸すれすれに線路があり、迫力があります。

 

リゾートしらかみ 車内でのイベント

車内でお楽しみライブを開催しています。

1号・2号・3号の鯵ヶ沢~五所川原駅間で披露されるのは、津軽三味線による『津軽じょんから節』など民謡の生演奏。私たちもこの生演奏を楽しみました。

無料で生演奏を楽しめるなんて、徳した気分です💓

日程や列車によって、土日祝日に実演される津軽弁「語りべ」、限定日に上演される『金多豆蔵人形芝居』なども楽しめるそうです。

不老不死温泉 海辺の露天風呂が爽快

秋田駅から2時間ちょっと、ウエスパ椿山駅で降りました。

この時にはけっこう風雨が強かったのですが、不老不死温泉の送迎バスが来てくれていたので、ぬれることなく一日を送れました。

私たちの他、もう一組が乗りました。

思ったより温泉は大きくて綺麗で立派でした。

コロナ禍なので、そんなにお客さんがいないと予想していたのですがそんなことはなかった。結構な数のお客さんが来ていました。話ている言葉を聞くと、関東圏から来ているんだと予想できました。

ここへ来ている人は人生を楽しんでいる人♫ コロナ報道の嘘に騙されずに、自分で考えて行動している人。うれしいですね。

そして中国人観光客がいないので静か。

本当に落ち着きました。

不老不死温泉 ロビー 旅館のサイトより画像をお借りしました。

私たちの部屋は、畳敷きですがベッドがふたつのお部屋。オーシャンビューです。

この旅館で一番気にいったのは温泉の湯です。

茶色でしょっぱい温泉です。体が温まります♬

なかでもよかったのは、海辺の露天風呂。

海の風、波のしずくを感じながらの入浴は最高でした!

そして海辺の温泉らしく、お料理は海の幸が中心でした。

食べきれないほどの魚介類で、満足でした。

次の朝ご飯は、普通のバイキング形式の朝食でした。ここでも朝からお刺身が Σ(・□・;)

1泊二日の短い旅でした。

観光で歩いたわけでもなく、ひたすら車窓から景色を眺めただけでした。

それでも母には刺激になったようでした。うれしがっていました。

私にとってはとても気をつかった旅で、はっきり言って疲れました。

そして残念なことに、普段くらしているぶんにはあまりわからなかった母の認知能力の衰えを、強く感じてしまいました。

でも、行ってよかった♫

ちょっとは親孝行ができたかな?

ブログランキング・にほんブグ村へ