日本の言論の自由はどこへ行った?

SHARE

日本の言論の自由はどこへ行った?

昨年のコロナウイルスのパンデミックあたりから、twitter 、FB、YOUTUBE のアカウント削除などが頻繁に起こるようになりました。

テレビと新聞しか見ない人にはぜんぜんピンとこないでしょうが、毎日YOUTUBE や twitter を見て情報を仕入れているものにとっては、信じられないけど本当の事なのです。

twitter での有名な出来事は、トランプ大統領のtwitterに、最初は「警告」がつきました。

そのうちに、そのツウィートそのものが削除されるようになり、今はアカウント自体が凍結されてしまいました。

FBでも、トランプ大統領のアカウントが凍結されていました。

一般人でも、フォロワーの多いYOUTUBERの動画に、警告が来たり、動画が何本か削除されたり、ひどい場合はアカウントそのものを削除されてしまいました。

twitterでも、一般人でもフォロワーの多い影響力のあるような人のアカウントが凍結されています。想像を絶するすさまじさです。

これが、自由と民主主義の国、アメリカや日本で起きていることなのです。

以前、中国のWeibo(ウェイボー)を、
「当局にまずい事を書くと削除されるんだって!」

「個人情報を盗まれ放題だよね!」

と言ってさげすんでいました。

ところが昨年からは、アメリカや日本も同じになってしまったのです。

いや、それ以下と言ってもいいかもしれません。

言いたいことが言えない国になってしまいました。

・ 2020年前半は、コロナウイルスは中国発であるとか、武漢の研究所から発生した。人工的に作られたものだ、というような内容のものが削除されました。

・ 2020年後半は、アメリカ大統領選挙に関すること。中共がトランプ側を邪魔しているというような内容を主張していれば、削除されました。

・ 2021年、コロナのワクチンは危険だと主張している動画が削除されています。

これは、どういうことか?

つまり、twitter 、FB、YOUTUBE は、世界の人々に知ってほしくはない事を削除しているのです。

だから、削除されている内容は真実だとわかります(笑)

そして、今度は地球温暖化対策を進めるため、それに反対する意見を消すそうです。

つまり、極端な地球温暖化対策は世界を混乱させるというのが真実と言えそうです。

twitter 、FB、YOUTUBE は、どんな立ち位置にいるかというと、中共や習近平を擁護しています。

そして、ディープステートの側に立っています。

ビルゲイツもザッカーバーグも、もはやDSです。

どうして人間て大金を得ると頭がおかしくなる人が多いのでしょう?

 

 

日本の国内に目を移すと、なんと日本の老人を中国に送って介護サービスを受けさせるだと Σ(・□・;)

野田聖子氏、ここまで親中派だったとは!

中国になんて行ったら、生きているうちに臓器をぬかれますよ!

考えるとくらい気持ちになるようなニュースばかりです。

でも、明日は今日よりちょっとだけよくなる!

少しずつ良くなる、という希望をもって生きていかなくてはと思います。

表面的なニュースだけではなく、その水面下では信じられないような事がおきているということに目覚めてしまいました。

知ってしまった以上は、私の言葉で周りのみんなに伝えていかなければ!

少しずつですがブログに書いて、私のようなオバンでもわかるように伝えていこうと思います。

ブログランキング・にほんブグ村へ