トランプ陣営の動き 裏側の事情 サイモンパークス

SHARE

トランプ陣営の動き 裏側の事情 サイモンパークス

先日もサイモンパークス氏の言葉をこのブログにのせました。

本日もまた新しい情報がはいったので載せます。

バイデンがマスコミに出て、仕事を進めているように報道されていますが、それは真実なのか? 

何を信じればいいのか? 私は自分がこうなってほしいと思う未来を信じようと思います。だってその方が楽しいもん!

バイデンがこのまま大統領を務め、アメリカが共産化して、世界がめちゃめちゃになるのを考えたくはありません(涙)

トランプ陣営が闇の勢力と戦って、作戦を進めていることを信じて待ちます。

 

サイモン・パークスさんは、イギリス・ヨークシャーの市会議員。
イギリスの諜報機関Mi6の祖父と、Mi5の母、そんな家庭に産まれたそうです。

そして最近、アメリカのCiAではない善なる諜報機関より依頼を受け、本年からアメリカで仕事をされるそうです。

また地球外生命体、マンティスやレプティリアンと共に育ったと(!)
ET生命体との交流についてもカミングアウトされています。
その上で議員になったという、面白い経歴の持ち主です(笑)

 

みなさんは、まわりを見渡して何かが近づいていることに気づいているかもしれません。なぜサイモンは、このことについて何も言わないのだろうと思っているかもしれません。

偽物の就任式が行われた時、それは既に決まっていて動かせるものではないとみんなが知っていました。20日がターゲットの日だったのは明らかでした。

悪い人々は、良い人々が何かをしようとしていることを知っていました。良い人々は、悪い人々が何かをしようとしていることを知っていました。すべてがから騒ぎと偽りでした。特に録画された就任式のスピーチはそうでした。

正しい考えを持っていない人が、ジョー・バイデンに責任ある地位にできるだけ長くいて欲しいと思っているなら、起きるべきことがすぐにでも起きるべきだと当然私たちは想像します。

現在F-35戦闘機について戦いが起きています。世界を牛耳っている邪悪なバチカン以外で、私が懸念していちばん懸念しているのは、中東での新たなもう一つの戦争です。それは、より現実的でより懸案事項になっていると思います。

トランプ大統領がホワイトハウスにいたら、イスラエルとイランの間で戦争が起きる事は決してなかったでしょう。しかし今は違います。何かが大きくなってきているように見えます。

バイデンチームはサウジアラビアがF-35ステルス戦闘機を持つことをとても強く妨害しようとしています。彼らはすでに何個か持っていますが、問題なのは既に何件持っているかではなくイスラエルが第4次中東戦争の時に学んだように、これから何個供給する合意をしているのか、あなたは何回負けるのか、何個のミサイルを供給する行為をしているからです。もし強固な合意をしていない場合はとても気をつけなければなりません。

もしイランがイスラエルと戦争を始めようとしていると言う私の読みが正しければ、もし中国がイランにイスラエルと戦争を始めるよう圧力をかけていると言う私の読みが正しければ、イランにとって大きな障害の1つになるのはサウジアラビアです。

私はすべてのアラブ諸国がイスラエルと何の関係も持っていなかった時代のことを覚えています。ドナルドトランプの4年間の後に、驚くべき変化が起きました。サウジアラビアは数週間前、テルアビブに初めての大使館を開設しました。つまり、サウジアラビアはイスラエルに在外公館を持っているのです。今まで聞いたことがありません。

イランは現在、東側諸国の中で一番の敵です。なぜなら単純に彼らは多くの戦争を引き起こそうとし、核兵器を手に入れることに必死になっているからです。サウジアラビアは、他の分別のある国と同様にそれを望んでいません。

サウジアラビアがF-35ステルス戦闘機を欲しいと思っている理由の1つは、イランの空からの攻撃に対抗するためです。そしてバイデンはそれを止めようとしています。もし彼が途中まで成功しているとしたら、間違いなく良い人たちはすぐにでも行動を起こします。

中国がなぜイランにイスラエルと戦争してほしいかと言うと、単に世界の注目を台湾からそらしたいからです。中国の計画は、新たなもう一つの中東戦争で西側諸国を夢中にさせ、イスラエルかイランを援助し、世界のマスメディアがそれを放送し、みながそこに目を向けている間に台湾を攻撃して奪うのです。それが彼らの計画です。それが彼らの望んでいることです。

就任式の数週間前に、比較的大きな空中戦が台湾の海岸線の外側でありました。イランと中国のパイロットは、アメリカと台湾のパイロットのせいでかなりの損害を被りました。それはかなり深刻な光線でしたが、陸上に兵士がいたわけでもミサイルや大砲があったわけでもなく公表されませんでした。それはかなり重要な出来事でした。

私はアメリカについて、次に何かアクションが起きる日付は言いません。就任式が行われる日付は全員が知っていました。全員が何かが起きるはずだと知っていたため、フライングスタートになってしまいました。

現在良い人たちは、前回と同じ位のレベルの警戒情報を再び敵に与えたいとは思っていません。しかし良い人たちがいつ攻撃してきそうなのかは、敵はかなり明確にわかっています。それは完全な不意打ちにはならないでしょう。

私はすでに、会計年度に注目していると言いました。そのように言ったのは良いことだと思います。なぜなら人々の注目を具体的な日付から遠ざけることができるからです。私は数日前に暗号を受け取りました。その暗号は(シートベルトを締める)でした。

イギリスで広く使われている言葉ではありませんが、私たちはアメリカ映画を見てその意味を知っています。時間や日付を意味する言葉ではありませんが、私はシートベルトを締める(今後の準備をする)必要があると言う意味だとわかっています。

具体的な日付や時間を言っている他の人々がいますが、私は言いません。なぜなら悪い人たちの側に、誰が何をいつどこで、について私の重みを加えたくないからです。

私はただ、警戒メッセージを受け取ったとだけ言います。そして、それが3ヶ月先の話の場合は、私は警戒メッセージを受け取る事はありません

繰り返しになりますが、なぜ良い人たちはまだ行動を起こさないのかと言っている人に言いますが、この地球上で何千年もの間、悪が世界を腐敗させてきました。邪悪な人々が権力の座につきました。

らはコントロールし、操作することがとても得意です。私たちは皆、メディアコントロールされ、司法がコントロールされ、すべての側の政治家がコントロールされているのを見てきました。

これはそう単純なことではありません。これは悪魔と政治と陰謀が関わっている極めて複雑な状況なのです。しかし、それは自分は後ろに下がって、悪魔が陸地を水没させるのを許して良いと言う理由にはなりません。私はまだとても希望を持っています。シートベルトを締めるのを楽しみにしています。

私はここ最近忙しくしていますが、今後もアメリカの政治状況や軍事状況に注目し続けます。今後も動向を見ていきましょう。

ありがとうございました。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブグ村へ