世界の恥 ウイグルのジェノサイドを認めない日本政府

SHARE

世界の恥 ウイグルのジェノサイドを認めない日本政府

これがジェノサイドでなくてなんですか?

このブログでも何度もウイグルの事を書いてきました。

中共がウイグル(東トルキスタン)の人々に対して、信じられない事をしています。

子どもを親から引き離し、中国式の教育をする。

大人は強制的に収容所に入れ、イスラム教の信仰を捨てさせ、奴隷労働をさせている。

若い女性に不妊手術をさせたり、中絶を強要したりしている。漢人の男性との結婚を強要したりしている。

わけのわからない薬を飲ませて人体実験をしている。

臓器を生きたまま取って売るなど、信じられないことをしています。

とても人間がすることではありません。

この世からウイグル人を消滅させようとしているのです。

アメリカの前国務長官のポンペイオ氏が、退任の前日にジェノサイドを認定しました。世界がこれに続きました。

なのに日本政府は、これをジェノサイドと認めないと言っている!

 

本当に信じられないです。

なぜ、声を上げて虐殺をやめさせないでしょうか?

天安門事件のあと、世界が中共をたたいたときに、日本だけが中共を援護した Σ(・□・;)

それが今の凶悪な中共にしてしまった原因なのです。

同じ過ちをくりかえさないように、はっきりとジェノサイドと言ってほしいです。

中共が次に狙っているのが日本です。日本もウイグルのように弾圧される可能性だってあるのです。

強く非難して虐殺はやめさせてほしいです。

まずは、ウイグル人がどんなめにあっているか知る事からはじめないと!

清水ともみさんがマンガでわかりやすく書いています。

ぜひご一読を!

ブログランキング・にほんブグ村へ