自分が払っている税金の行方 信じられない所に 私は奴隷?

SHARE

自分が払っている税金の行方 信じられない所に 私は奴隷?

この地球上で生活していれば、誰も税金から逃れることができません。

資産があれば固定資産税、車を買えば重量税、親が死ねば相続税。

何も資産がなくても、買い物すれば消費税、働けば所得税。

毎日、なんの疑問も持たずそれが当たり前だと思ってきました。

高いと思いながら、福祉や国民の生活のためならしょうがないと思ってきました。

でも、今回のアメリカ大統領選挙でいろいろなことを勉強していくうちに、そうではない事がわかってきました。

マッカサーjr 氏のTweetの続きを書かせていただきます。


また、ケネディやトランプ大統領がそういった仕組みを改めようとして、命懸けで戦っていることを御存知ですか?  おそらく、多くの方はこれから話す内容が衝撃的過ぎて怒りに震えることでしょう 。しかし、これが、今までの残酷な現実であり、我々が向き合わなければならない問題なのだ。 さて、この問題は難解なので私が知る限り、ほとんどの解説は難解だ。 しかし、ご安心を。

私はこの問題の簡単な捉え方を幸いにも知っている 。そこで、今回はその考え方を紹介させていただきます。 まず、この問題を理解するためには、 「民営化」と「グローバル化」という2つの単語を押さえておく必要がある 。簡単にいえば、 民営化とは、会社や公共機関を民間人が運営するようになること。

この後も話すが「民間人」という部分がポイントだ 。つぎに、グローバル化とは、国籍に関係なく会社や金融市場、公共機関、教育機関、情報機関などを民間人が運営するようになることだ。 一見すると、何が問題なの? と思うかもしれない。 また、平成最大の詐欺師小〇は民営化こそが国民に自由で平等な権利を与えると言っている。

国の権力を国民に分散すれば、それだけ国民が幸せになれると。また、この詐欺師はグローバル化によって日本の金融市場は活性化し、日本はより豊かになるなどと断言し、強引に金融市場のグローバル化を推進した。 確かに、一理ある考え方だ 。

しかし、この主張には大きな欺瞞が隠されているのである。

一般的に民営化とは当国の国民が運営し、善良な人々が国のために働くと信じられている。しかし、現実はそれとは真逆なのだ。 そして、ここで浮上してくるのがDS・カバールという犯罪組織だ 。DSは大きな利権が得られる民営化団体はどんな手段を使っても手に入れてきた。

犯罪で得た莫大な資金による買収、ライバルへの脅し 殺人、外交カードによる脅迫などといった手段を使い DSは莫大な利権が得られる民間組織を支配してしまうのだ 。事実、小〇が実行した郵政民営化によって日本の郵政はDSに支配され日本国民は莫大な損失を被った 。そして、この悪魔的詐欺の効果を増大させるのが、グローバル化だ 。

民営化だけならば、あくまでも、その国の国民だけが運営することになる 。しかし、これにグローバル化が加わると、部外者の外国人までもが運営者の対象になるのだ。 言い換えれば、DSのやりたい放題になるのである。 実際に、〇泉は日本の金融市場を強引にグローバル化したが、それによって日本にはDSの息のかかった外資系企業がウジのようにわき、日本の莫大な金融資本が海外に流出した。 そのせいで、日本人の賃金は下がり、貧困者が増えた 。市場が活性化するどころか、大いに衰退した 。しかし、それでも、世界3位の経済大国である日本人のチート加減がお分かりか!(笑)

要するに、民営化とグローバル化はDSに国を乗っ取らせてしまうトロイの木馬なのだ 。しかも、金融市場だけではない、公共機関、情報機関、教育機関、メディアなどといった分野でも同様のことが起こる。 全ての機能がDSに支配されてしまうのだ!

これは、全体主義・共産主義そのものであり、民営化、グローバル化とは形を変えた共産主義化そのものなのだ 。つまり、外国の民間人に全ての国民が搾取されてしまうのである。 また、この悪魔的な詐欺はアメリカ日本をはじめとした多くの国で実施されてきた 。そして、DSは各国の「お金を刷る権利」を強奪し、 不正に国民から税金を吸収しているのだ。

日銀やアメリカのFRB(中央銀行制度)もDSに支配されている。もちろん、表向きは国の役人が運営しているようには見える。 しかし、今回のアメリカ大統領選挙で多くの裁判官がDSに買収されていたことを思い出して欲しい。

私はこれを「見えない民営化」と呼んでいる。 形上は国が運営し、国民のために機能しているように見えるが、実際は、DSが全てを支配し、各国の国民からお金を詐欺的に奪ってきたのだ。 消費税、所得税、固定資産税、年金、健康保険、自動車税、復興税・・・無数の詐欺だらけだ 。

もちろん、国はそういった税金は、社会保障などに使っているとほざく。 だが、それなら手元にお金を残させれば済む話だし我々国民への還元が少なすぎる。 しかも、この詐欺師どもは税金を具体的にどう使用したのかを一切公表しないのだ! は?  そして、実際は我々の税金の大部分は 異国にいるDSどもの元に流れていくのだ!

ちなみに、ケネディはこのFRBを解体しようとしたので暗殺された。トランプ大統領が目指しているのもFRBを解体し、詐欺的な金融システムを終わらせることだ。

さらにFRBだけを解体しても世界各国が詐欺的な金融システムのままではアメリカが潰れてしまう。 だから、彼は世界全体の詐欺金融システムを破壊しようとしてくれているのだ! 何という英雄!

断言するが、彼を批判するものは詐欺師か悪魔だ。 幸いにも、そういった詐欺システムを支配していた黒幕は既にこの世にはいない。2つの一族が関係していたが、どちらも善側に消された 。残るは残党の雑魚のみとCCPだけだ 。本当に信じられないことだ。

我々は数万年間にもわたるDSの詐欺的な搾取から、遂に開放されようとしているのだ。 もちろんその副作用も今後は起きてくる。 刺激な内容ゆえ明言はしないが、これまで詐欺的に国民を蝕んできた悪魔の手先たる全世界の崇拝対象者がこの世から削除されるだろう。 そのことにショックを受ける人もいるだろう。

しかし、我々に待っている未来は限りなく明るいものだということは間違いない。 そして、それは洗脳から目覚めた日本国民が増えるほど早く実現するのだ 。だからこそ、みんなで頑張っていきましょう。 黄金時代は近い!!!!

DSとは、ディープステートのことです。

これに加え、アドレノクロム、エプスタイン、ロスチャイルドを公平な検索エンジンduckduckgoで検索すれば、真実に近づきます。 ただし、グーグルは情報隠蔽していますので使わないことをおすすめします。


は???

日本の税金もディープステートに流れていた?

私たちは奴隷だったのですね 😢

これを改革しようとしていたのがトランプ大統領なのです。

絶対に戻ってきてこれを成し遂げてもらわなくてはなりません。

バイデンは、このディープステートのために働く操り人形ですから!

今回のアメリカ大統領選挙で、私は今までどんなに無知だったか、平和ボケしていたかを思い知らされました。

今までお金に縁がなかったから、金融の仕組みなんて知らなかった。税金は日本国内でのみ使われていると思い込んでいました。

それがなんとディープステートの口座にも流れていたなんて Σ(・□・;)

ディープステートにとって、私たちは、汗水たらして働いて自分の懐に自動的にお金を振り込んでくれる奴隷でしかないのです。

なんか絶望してしまいました。

でも、絶望なんてしている暇はない。

これをなんとか断ち切らないといけません。

トランプ大統領に帰ってきてもらって、なんとかしてもらいたいけど、その前に自分たちでできることをしなければ。

今の私には、何をどうすればいいのか見当もつきません。だから、とりあえずは知った事をみなさんにお伝えします。

マスコミを何とかしなければいけないという事だけは確かです。しかも早急に!

そして、自分が若かったら、これから政治家になって社会のシステムをかえていけばいいのだろうけど、何も力がない婆さんにそんなことができるはずもない。

だから、若くて優秀な人を見つけて、社会全体で育てていかなければいけないと思います。

常に情報を自分から取りに行き、取捨選択し、ちゃんと発言していく。そして、希望をもって行動していく。

そんな姿を子どもや孫に見せることだと思います。

何も考えず、せんべい食べて、寝そべって、バラエティ見てる場合ではありません(笑)

シドニーパウエル弁護士は、さっそく行動開始ですよ!

そしてもっとひどい真実を知ってしまいました。

日本の政府機関が、株式会社としてアメリカの証券取引所に!

この意味を説明できるほどまだよくわかってないので、後日、説明できるようになったら別記事にします!

ブログランキング・にほんブグ村へ