覚醒 第一幕終了 そして二幕へ

SHARE

覚醒 第一幕終了 そして二幕へ

昨日、2021年1月20日、トランプ大統領はホワイトハウスを去りました。

そのあと別荘があるフロリダ州へ。

フロリダに到着した トランプ大統領を迎える トランプサポーターのみなさん。

相変わらず大人気! みなさん、あたたかい声援です。

こちらでも、待ち構えているトランプファン💓

残念ながら、トランプ大統領の任期の4年は、昨日でいったん幕がおろされました。

トランプ大統領、本当にありがとうございました。

公約をすべて果たされ、アメリカの経済を絶好調にし、失業者をへらし、多くの子どもたちを救い出しました。トランプ大統領の功績は、ここでは書ききれません。

まずは少し休養して英気を養ってください。

そして、お別れの演説のように、またすぐに戻ってきてください!

14時間の時差があるニューヨークも、夜が明けて21日の朝になりました。

ここにきて、なにやらおかしなことに気がついた人たちが Σ(・□・;)

バイデンをのせた車が就任式へ向かっているときの様子です。兵士たちが背をむけている!

これは???

バイデンを大統領として認めないという事を態度で示しているのか???

そして就任式。

この牧師さん「ドミニオン イン パワー」って言ってるよ。

英語が苦手な私でも、これは聞き取れる。

この場で言っていいの?

笑える ((´∀`))ケラケラ

 

そして、この就任式はライブではなく収録ではないかと言う人が!

この方だけではなく、他にも何人も言っていました。

バイデン役の俳優が二人???

リンウッド弁護士も言ってます。

Google翻訳

リハーサルがなかったのに、今日のバイデンの就任式はあまりにもスムーズだったと思いませんか、それとも私だけですか? まるでハリウッド映画を見るようなものです。 。 。 州兵によって建設されたすべてのフェンスはどこにありましたか?

また興味深い投稿もありました!

上のツイッターには続きがあって、これが本当なら信じられない事がおこっている可能性が出てきました。

リンウッド弁護士もこれと同じような事を言っています。

Google翻訳

マーシャルレポート(https://themarshallreport.wordpress.com/2021/01/20/trump-ode-to-the-corporation/)
株式会社へのトランプのオード!
ワシントンDCはフェンスで囲まれており、大統領はホワイトハウスに戻ることはありません。 しかし、あなたが考えているかもしれない理由のためではありません。 恐れることはありません。新しい国会議事堂が建設され、所得税が廃止されます…

でも今日はまだそのことについて書きません。

また別の記事にします。

ひとまず、トランプ物語の第一幕が終わりました。

私は2019年、ディマシュ クダイゲルゲン Dimash Kudaigergen というカザフスタンのシンガーのファンになり、カザフスタンまでコンサートを見に行きました。

そのときに香港から来たファンと、一日ヌルスルタン市内を観光しました。帰りの飛行機も北京まで一緒でした。

そのあとすぐ中共による香港弾圧が激化しました。知っている人が住んでいる街がひどい目にあっていることで、中共に対して強い怒りを覚えました。

その後のコロナウイルスのパンデミック。そのことでもっと中共に対する脅威を感じるようになりました。

そしてそれに続いてのアメリカ大統領選挙。それまでは、特にトランプ大統領のファンというわけではなかったのですが、中共に対する毅然とした態度から支持するようになりました。

応援しているうちに、今世界がどんな状況なのかがわかってきました。

日本も危機的状況です。

今回の選挙で、世界の仕組みについてずいぶんわかるようになりました。

トランプ大統領に覚醒させられました!!

今、一時的にトランプ大統領は政権の座を降りました。トランプサポーターは、いま絶望の底にいます。

でも、これはたぶん必要な事なのです。

地球の成長のため、人類の覚醒のために起こされている出来事なのです。

これから言論弾圧はもっとひどくなり、証拠隠滅がされ、ますます住みにくい社会になるのか?

それに気がついた私たちはどうやって闘っていけばいいのだろう?

日本を守るために、これからどうしていけばいいのだろうということを、真剣に考えなさい、という事なのです。

旅は始まったばかり。

トランプ大統領は「何らかの形で戻ってくる」と言いました。

それは、上記のリンウッド弁護士のTweetに関係があるかもしれません。

思ったより早く、第二幕ははじまりそうです!

ブログランキング・にほんブグ村へ