フランクフルトでCIAとトランプ大統領直属特殊部隊が銃撃戦 5人死亡

SHARE

フランクフルトでCIAとトランプ大統領直属特殊部隊が銃撃戦 5人死亡

二日前、米軍がドイツ・フランクフルトで米大統領選のデータサービスを提供しているScytl(サイトル)社を急襲して、サーバーを押収したことをお伝えしました。

その続報です。

REPORT: Lt Gen McInerney Reports US Special Forces Attacked CIA Server Farm In Germany In Server Seizure Operation, 5 Soldiers Killed, Servers Secured

Ops LENS

Google翻訳

レポート:マキナニー氏は、サーバーの押収作戦で米軍特殊部隊がドイツのCIAサーバーファームを攻撃し、5人の兵士が殺害され、サーバーが保護されたと報告した

 

なんと、フランクフルトのサーバーを押収する際に、犠牲者が出ていたことがわかりました!

つまり、トランプ大統領側と、CIAとバイデンが組んだ側との、アメリカの内戦です Σ(・□・;)

CIAとバイデンが組んだ側は、このドミニオン社のシステムを使って、アメリカを乗っ取ろうとクーダターを起こしたということですね!

これは確実に国家転覆罪です。こんなハリウッド映画のような事が現実に起こっていたのですね。いや、映画以上です。

まだ、トランプ陣営からはなんの報告もないし、もちろん大手マスメディアも報道していません。

どこまでが真実か確認はできませんが、真実にちかいのではないかと想像できます。

これが真実なら、もはやトランプ大統領は勝利したということです!!

プーチンはこのことをわかっていたから、バイデンに祝辞を送らないのではないか?

もうすぐすべてがわかる日が来ると思います。

 

 

このOps LENSの記事には、英語で続きが書かれてあるのですが、私にはよく理解できません。

ツイッターで訳している方がいたので、それをのせますね。

 

こちらのブログにも詳しくのっていました。

本当にアメリカの闇は深い。いいえ、世界の闇は深いです。

何としてもトランプ大統領に勝ってほしい。

そして、沼の水を抜いてその底に住む妖怪を退治してほしいです。

ブログランキング・にほんブグ村へ