コロナ第3波 患者の多くが外国人という事を日本国民は知らない

SHARE

コロナ第3波 患者の多くが外国人という事を日本国民は知らない

今日もまた多くの人がコロナに罹患しました。

季節的に寒くなり、空気が乾燥してきたせいももちろんあるとは思います。

でもその陰で、ニュースでは報道しない真実が Σ(・□・;)

4月以降「特段の理由」という枠づけがあって、実質的になんの理由もない人たちが入国していたのです。

例えば「親戚の葬式」とか、なんの証明書もなく入国させていたのです。

さらに10月からビジネス関係者などの入国も認め、規制を緩めてしまったのです。

PCR検査をして、2週間の自主隔離と公共交通機関への乗車をしないように、という要請だけです。

厚生労働省より

 

日本にご帰国されるすべての方は,検疫所長が指定する場所(自宅など)で入国の次の日から起算して14 日間待機する滞在場所を確保すること、到着する空港等から、その滞在場所まで公共通機関を使用せずに移動する手段を確保すること、入国後に待機する滞在場所と、空港等から移動する手段を検疫所に登録することが求められています。
加えて、入国した日の過去14日以内に入管法に基づく『入国拒否対象地域』に滞在歴のある方は、新型コロナウイルスの検査を受けること、検査結果が出るまで、原則空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で待機することが求められています。

しかし隔離を見張るわけでもなく、どの交通機関をつかったかしらべるわけでもなく、実質は自由に動きまわれていました。

そして、先日の王毅外相の来日で、今後、中国からなんの検査もせず入国できるようにすると!

今、報道されませんが、中国でも感染爆発しているという噂です。

ニュースでは全く報道されませんが、感染者の日本人と外国人の数です。

感染者は、圧倒的に外国人が多いのです。

群馬県では、なんと感染者の7割が外国人!

全国で見ても、圧倒的に日本人が少なく「国籍不明」が多いのです。

おかしいでしょう? みんなパスポート持っているでしょう? なぜ国籍をあかさないのでしょう?

明かされては困る国があるということですよね!

 

あきらかに入国の制限を緩和していから患者が増えています。

go to トラベルを開始したときには、ほとんど増えなかったのに。

しかも、この国籍不明の患者を、日本の税金で治療しているのです。

そして、日本人が入るベットが足りないと騒いでいる Σ(・□・;)

先日の王毅来日ではっきりわかりました。

二階幹事長にやめてもらわない限り、日本は中国に飲み込まれてしまいます。

菅総理は、操り人形。

どうしたら、二階にやめてもらえるのだろう???

本当に腹がたちます!

ブログランキング・にほんブグ村へ