食料は本当に足りるのか?

 

日本は、お米だけは自給率100%以上だと言われています。

でも、これは本当でしょうか?

現在の日本人は昭和40年代に比べ半分ほどしか米を食べなくなったと言われています。

確かに、朝はパンで、昼は麺類、などという人が増えました。

パンも、麺類も、材料は小麦です。日本の場合は小麦はほぼ輸入です。

この小麦が全く日本に入ってこなくなったらどうなるのか?

みんなお米を食べるようになりますよね?

さて、ここで、自給率100%以上といわれている日本のお米は足りるのでしょうか?

足りなくなります 😢

パンや麺類をたべていたから足りていたのだけど、小麦が入いらなくなってみんなごはんを食べだしたら、米は足りないのです。

なのに、農水省は、米を減らせ減らせ、米を作るな作るなと言う?

今年は、中国では洪水で作物の不作が予想されています。

アフリカから中東にかけて、バッタが大発生して作物を食べつくしました。

そんな国で、自国の食糧が足りなくなったら、日本に食料を輸出してくれるでしょうか?

くれませんよね?

もっと真剣に食料問題について考えないといけないです。

2020年の今年、コロナウイルスのパンデミックによって、世界の平和は砂のように、すぐに崩れるのだということがわかりました。

食料、エネルギー、軍事力、この3つがそろって、初めて国として自立できるのです。

現在の日本はどうか?

米作りを減らせとか言っていいのか?

みなさん、パンを減らしてコメを食べましょうよ。自国で賄えるものをおいしく食べましょう! たまにはパンもいいけどね。

ちなみに、私はがん治療のため、今は穀物を控えています 😢

本当はご飯が大好きです 💓

 

日本は瑞穂の国。

神が稲穂を日本人の祖先に手渡して「これでよい国をつくるように!」と神話の時代から言われているのです。

今年は例年並みの豊作になるそうです。

私にとって2020年は、世界の政治の事や人々の幸せを考える元年とします。

 

 

ブログランキング・にほんブグ村へ

参考文献