今日は神様が奇跡をくれた

今から6年前、仲よくしていた友達 Hちゃんが突然倒れました。

脳梗塞でした。

その時、まだ50才。

ご主人を送りだしてすぐ自宅で倒れたようで、ご主人が帰宅した時に意識を失って倒れていたそうです。

すぐに救急車で運ばれたのだけど危険な状態で、もう頭蓋骨の中に血がたくさんたまっていて、頭部の手術はむずかしいと言われたそうです。でも1%でも可能性があれば! とご主人が希望してオペを受けました。

オペは奇跡的に成功して一命を取りとめました。

今日は神様が奇跡をくれた

再起はむずかしいだろうと涙が出た

はじめて病院へお見舞いに行ったとき、あまりに変り果てた姿に、帰りの電車では涙が出てきました。

あんなにおしゃれだった Hちゃんが坊主にされていて、少し生えてきた髪の毛は真っ白。表情はなく、目はうつろで、体はもちろん、顔も動かせない。何も話せない。ショックでした。

命が助かったのはよかったけど、これからどんなに大変か! 私には何もしてあげる事ができず、ただ茫然とするだけでした。

その後、何度かお見舞いに行きました。ご主人の献身的な介護で、だんだん表情が出てきて、言葉も出てきて、少しだけ希望が出てきたところで、私は秋田に引っ越すことになり、足も遠のいてしまいました。

それが今日、ご主人からLINEが入り、Hちゃんが電話したいと言っているので、電話していいですか? と言うではないですか Σ(・□・;)

もちろんです!!

そして、電話で話ました。まだまとまった文を話すことはできないけど、うん! とか、ううん(ちがう)とか、感情の起伏がわかる言葉で答えてくれました。

リハビリを毎日頑張ったんだね(*^-^*)  日々進歩しているんだね !  とてもうれしい電話でした。

ご主人の献身的な愛情に、ただただ頭が下がる思いでした。

もう一人の友人にも連絡

Hちゃんと電話で話した事を、もう一人の仲がよかった友人 K子に知らせなくちゃ!

そう思って K子にLINEしました。

本当に久しぶりでした。たぶん2年以上連絡していませんでした。私が乳がんになってからは一度も連絡してなかったから!

なんと、彼女は私のブログを全部読んでくれていたのです。だから、私が乳がんになったことも、今はどんな状態かということも知っていました。

そして彼女は私に思いもかけない事を告げたのです。

彼女も去年、病気になってしまったという事を Σ(・□・;)

全く知りませんでした。

K子は私の乳がんの事を知ってくれていたのに、私は全く彼女の病気の事を知らなかった・・・・・

元気でやっているだろうという事以外、考えた事がなかったのです。

 

明日は何が起こるかわからない

思えば、人間て明日はどうなるかわからない生き物なのです。

現に私たち3人とも、命にかかわる病気になってしまいました。

お互い、あと何年生きられるのか、すぐに死んでしまうのか予測がつきません。

それなのに、連絡を取らないなんていけないな 😢

時にはLINEの1本でも入れておかなければならなかったんだわ。

 

神様が連絡をとるように仕組んでくれた

今日は、何もしなかった私に、連絡をするように神様がくれた機会だったのでしょう。

こんな事でもなかったら、自分からK子に連絡など入れないから、Hちゃんが電話を入れて来たんだわ Σ(・□・;)

連絡がついて本当に良かったです。

 

今は3人バラバラですが、人生のある一時期、3人で希望に燃えて挑戦していた時期がありました。

そのころは何も知らず、ある意味、怖いもの知らずで突き進んでいました。夢を追いかけていました。

今から思えば、それは無知だったからできていたことなのだけど、楽しい時間でした。

今の知識と常識があれば、あんな無謀な事はしなかった。したとしても違う方法をとった事でしょう。

当然の結果としてうまくいかなかったけど、あの時間はきらりと光る宝物のような時間です。

そんな時間を共有できていたことに感謝です。

 

本当に明日は何が起きてもおかしくない。

だから、今できる事をせいいっぱいにやらなくちゃ。

今日も、無事に終わったことに感謝です。

大事な友人たちと連絡が取れたことに感謝です。

お互いに、どれだけの時間が現生に残されているのかわからないけど、現世にいる間はできるだけ楽しいいことをして、なるべく機嫌よく生きていこうと思います。それが自分の周りにいる人たちにも、幸せをおすそわけする方法だと思うから!

 

今日は眠る前に、もう一度、楽しい夢を共有できた友達たちに連絡が取れたことに感謝します。

ほんとうにありがとうございました 💓

 

 

ブログランキング・にほんブグ村へ