ブダペスト旅行 ブダペスト空港 空港ラウンジ 

SHARE

ブダペスト旅行 ブダペスト空港 空港ラウンジ 

なんだかもう遠い事のような気がするけど、11月9日から16日まで、ハンガリーのブダペストに旅行に行ってきました。

日程ごとの観光は、もうブログにアップしました。

今日はブダペスト空港の様子と、ラウンジ。

ブダペスト空港はこじんまりしていました。ドイツのフランクフルトがハブ空港で、そこから地方へ飛んだ地方空港という感じです。
日本で言ったら、羽田空港がフランクフルトで、秋田空港がブダペスト。
ユーロで同じ国だと思えば、こういう説明になります。
空港内はとてもわかりやすい。これだけ小さいと迷子にもなりません。
いつものように、両足が人工股関節の私は、セキュリティーで「ブー!」と鳴ります。
でも、もう慌てません。

ここに立って! Stand hear.
腕を広げて!   Rise your arms.
ここに座って!  Sit hear.
みたいな感じで言われます。または身振り素振りで指示されます(笑)

あっ、ブーツを履いている人は靴を必ず脱いでと言われます。

ラウンジもとてもシンプル。
でもこれで十分です。

このお料理は、餃子の皮のようなものにひき肉などが包まれているお料理。ごめんなさい、名前を忘れました (≧▽≦)

こちらは飲み物とスナックのコーナー。ヨーロッパでは、炭酸水か普通の水か必ず聞かれます。
ハンガリーでは、ミネラルウォターのボトルは、ふたが青いものが炭酸入りのスパークリングウォター。ピンクのものが普通の水でした。
主人も私も、スパークリングウォターが気にいって飲んでました。

コーヒーも紅茶もジュースもアルコール類もあります。

ヨーグルトや乳製品はどこの空港でもあります。パンにくだものにシリアルもどこでもあります。

 

羽田空港のラウンジの様子はこちらです。

コーヒーを飲んで軽く食べて、私は足りないおみやげを買いに免税店に一人で行きました。

3年前、初めて主人とツアーではない個人旅行で海外旅行に出かけたと時には、買い物もこわくてひとりで行けませんでした。でも、今は一人で買い物もできます。なんとかなります。

ハンガリーの通貨はフォリントでした。残りをユーロにかえてもいいのだけど、めちゃくちゃ為替の手数料が高くて価値が減ってしまうので、ここですべておみやげを買って使うことにしました。

買い物かごにおみやげロ入れて、レジに持って行って、フォリントのすべてと、カードを置いて、「これでお願いします!」という顔をします(苦笑)

レジの店員さんは「OK!」と言ってくれました。

しかし、そのあと何やら私が理解できない、ちょっと複雑な英語を言いました。私がぽかんとしていると

「 Cam you speak English? 」 と聞かれました。

当然 「 No,I can’t .」です😢  

おい! 英語で答えてるじゃん ((´∀`*))ヶラヶラ

よくわからなかったけど、要約すると、クリスマスフェア中なので、たくさん買ってくれたあなたには、クマのぬいぐるみがプレゼントで付きますよ! ということらしかったです。

しっかりクマをもらって来ました!

みなさん、とても親切なハンガリーでした。

 

ランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村