カザフスタン旅行用 着物リメイク最終回

スポンサーリンク

ここのところ続いた着物のリメイク、今日が最終回です。

24日(月)には秋田を出発。その晩は東京で、25日の早朝にカザフスタンンに向けて出発です。

今回、ほぼ初めての着物リメイクでした。

ほぼ、というのは2003年に初めての海外旅行でニューヨークへ行くときに、着物リメイクのスカートと上着とトートバッグを作った事があったからです。

それ以降は着物リメイクはしたことがありませんでした。

今回、着物を利用するにあたって、着物の幅を生かすことを考えました。

反物の幅は35㎝ほどで、両端がみみになっているのでほつれてこないのです。

となると、直線的なデザインになります。

洋服の形になることはなるのですが、いざ実際に着てみると、直線を組み合わせたデザインはどうもしっくりきません。

なぜって人間の体は立体的なので、直線の組み合わせだと立体的になりにくいのです。

それに着にくい ( ;∀;)

どこか引っかかるような、つれるようなところがあったり、おかしなところにしわがよったりしました。

う~~~ん、やはり人間の体に添わせるために、洋裁では曲線のデザインで、ダーツやギャザーが必要なのだと思いました。

それにしても、まだリメイク用の着物や帯が段ボール4箱。そのほかに亡くなった祖母の着物が少し Σ(・□・;)

これは素材として売っても数千円になるかならないかですね。

リメイクしてメルカリにでも出そうかな?

売れるかな?

そんな時間があるのか???

それはざておいて、まずはカザフスタンでいろいろと着て楽しんできます 💓

今日は、コンサート前日の前夜祭に来て行こうと思っている留袖のドレスです。

これも直線。襟がかろうじてちょっとだけ曲線。

えりがボートネックだから、ブラのヒモが出てしまいます。黒のブラにしてヒモをデザインとして出して着るか・・・・
ボートネックだとその辺がいつも困ります。

サッシュベルトでごまかしているけど、これもまっすぐな寸胴です。縫うのにはこれ以上ない簡単なデザインですが、やっぱりエレガントにするためには、洋服っぽく曲線の製図を書いて、背中をファスナーあきなどにしてブラのヒモが見えないようにした方がいいな。

ちょっとの手間を惜しむとデザイン的にダサくなる (苦笑)

今回のリメイクで学んだことです。

このワンピース、私が着るとくるぶしまでのロングドレスです。

さて、荷物の点検します!

今日のディマシュの歌は SOS です。
4月にウズベキスタンのイベントにゲストで出た時のパフォーマンスです。

ブログランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓
 


食事療法ランキング
 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出たり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。2018年乳がん発症闘病中。カザフスタンの歌手 ディマシュ クダイベルゲン dimash  のファンです。 くわしいプロフィールはこちらです。