愚かなもの、それはホモサピエンス

スポンサーリンク

今日はスリランカで、また大きなテロが起きてしまった。

先日はニュージーランドで起こったばかりだというのに!

テロで亡くなった方のご冥福をお祈りします。

けがをした方にお見舞い申し上げます。

photoliver / Pixabay

日本に住んでいると周りの大部分が日本人で、そのほとんどが葬式の時だけの仏教徒。

みんなと同じことを良しとしていて、みんなと違う事はなるべくしないように育てられる。

だからよその国で、宗教の違いで殺しあうということがどうもぴんと来ない。

とにかく、日本は平和だ。チコちゃんに叱られるほどぼぉ~~~と生きていても、スリにあうことも、泥棒に入られることもほとんどない。

ありがたいことです。

このおだやかな国で暮らしていると、日本人がどんなに恵まれているのか気が付かない。

この平和な日本に生まれたという事だけで、本当にラッキーなことなのに、国や政府が何もしてくれないと文句ばかり言っている。

感謝が足りない。圧倒的に感謝が足りない。

・ 朝、普通に目が覚めること

・ ごはんをおなか一杯たべられること

・ 雨風がしのげる家で暮らせていること

すべては当たり前ではないのだ。世界ではこんなことさえかなわない人がたくさんいるのだ。

それなのに、私は朝から晩まで不平不満ばっかり言ってる。

本当に感謝がたりない。

生きているだけでもありがたいことなのに。

pen_ash / Pixabay

人間の進化を研究している学者の先生たちが言っていた。

戦争がおこるようになったのはホモサピエンスが繁栄してから。ホモサピエンス同士で殺しあいが始まったのだと Σ(・□・;)

ホモサピエンスとクロマニヨン人は戦った形跡はないそう。

こんな愚かな殺し合いをするのは、ホモサピエンスだけ。

いつになったら悟るんだろう?

私の弱い頭で考えても、世界平和のために何ができるのかさっぱりわからない。

jusch / Pixabay

私のイメージにあるスリランカは、象がゆうゆうと歩いていて、美しい宝石がたくさんとれる島で、おいしいセイロン茶を栽培しているところ。

美しく平和な島のイメージです。

そんな平和な国にまた戻れるよう祈るだけです。

ブログランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓


食事療法ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出たり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。2018年乳がん発症闘病中。カザフスタンの歌手 ディマシュ クダイベルゲン dimash  のファンです。 くわしいプロフィールはこちらです。