いよいよ脱毛 抗がん剤治療開始3週間目

昨夜、シャンプーしたら、いつもの3倍くらい髪の毛がぬけました。

pixel2013 / Pixabay

いよいよ脱毛がはじまる

抗がん剤治療をはじめて2週間がすぎ、いよいよ脱毛がはじまるようです!!

寝る時に、枕にたくさん抜け毛がつくのはイヤだと思い、外来でもらったサンプルの使い捨てヘアキャップをして寝ました。でも、起きたときに見たらほとんどぬけていなくて、今夜もその使い捨てキャップを使えそうです。

本日の日中の脱毛状態

ふつうにしている時には、なんとも感じません。

まだ何もしなければ抜けない状態です。

髪の毛を手ですいてみると、確実に数本抜けます。

今夜のシャンプーの時には、昨日より劇的に抜けるのでしょうか?

黙っていても、髪の毛が自然に落ちるようになるのだろうか?

何日で全部が抜けるのだろう?

全く予想がつかないのですが、1週間くらでしょうか?

あと2~3日で、ケア帽子が必要になるのでしょうか?

外来の看護師さんいわく、私が受けている EC療法では、頭頂部と前髪が抜けるのが早くて、落ち武者みたいに横と後ろの髪が少し残る人が多いって!

むかし、Jリーグが始まった時に、鹿島アントラーズにいたアルシンドみたいになるのでしょうか?

でも、もうそうなったらバリカンで坊主にするつもりです。

未知との遭遇に好奇心がパワー全開です。そんな状態を楽しんでいる自分がいて、ワクワク・ドキドキです。

思い切り帽子ファッションを楽しみます

今までは、帽子に凝るなんてことはありませんでした。

寒い時には防寒用のニットキャップ。

暑い時には日よけのツバの広い帽子。

それくらいでした。

でも、抗がん剤治療から髪の毛が生えそろうまでの間は、思い切りケア帽子ファッションを楽しみます。

自分で作れば、そんなにお金もかからないし、デザイン考えるのが楽しい 💓

医療用帽子かぶってインスタにアップしたら、インスタばえするかも~~~
モデルがちょっとおばさん過ぎますが(苦笑)

秋からはニット帽のケア帽子を編みます

そう、私は元ニットデザイナー。

秋に向けてニットのケア帽子を編みます。
仕事でさんざんニット帽は編んだけど、ケア帽子のことを考えて編んだことはありませんでした。こんなところで自分の専門が生かされるとは思わなかったわ(笑)

こちらのニット帽も、面白いアイディアが今たくさん浮かんでいて、楽しみです。

ニットデザイナーががん患者になり、自分のためにケア帽子をデザインするなんて、あんまりいないと思います。せっかくなら楽しい抗がん剤用帽子を編みます。みなさまどうぞお楽しみに!!

手編みのマンマ(乳房)

冬に向けて、以前このブログでも取り上げた、手編みの胸パッド(マンマ)も編んでみます。

こんなことを言うと不謹慎だけど、乳がんになって研究することが増えて、なんだか楽しい。何も病気にかからなかったら、特に何も考えることなく平穏に老いていくだけだったろう。

乳がんは、私のこれからの私の生きるテーマを与えてくれたんだわ。

病気になったことに感謝です。

抗がん剤用帽子・ケア帽子・手芸材料のお店 トレマーガ

Etsy 海外向けマーケットプレイス


ブログランキング・にほんブグ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。