抗がん剤EC療法1コース目4日 母の白内障の術後 そしてさらに病気の知らせ!

ここのところ、お天気が悪いし、寒いしで、気分がなかなか上がらない秋田県です(涙)

病気、病気のブログで、なにかたまには楽しいことでも書きたいでのすが、母のもう片方の右目の白内障のオペが終わるまでは、ちょっと難しそうです。

DarkoStojanovic / Pixabay

母の左目の白内障の術後

本日、母の左目白内障のオペ後の通院でした。

外来は、昨日のオペの人から優先で見てもらえたので、それほど極端に待たずにできました。

何が驚いたかったって、もう、眼帯もなにもしなくてよかったのです!! 目にはりつけていたガーゼとか脱脂綿とかとって終わり。眼帯をしばらくつけるものだとばかり思っていたので、驚きでした。

本当に医学って日々進歩しています。

診察室から出て来た母、

「病院の外来の壁に貼ってあるポスターがはっきり見える。」と言っています。

自宅に帰って

「テレビの色がきれいに見える。」と言っています。

来週、右目もオペしたら、もっと安定して見えるようになるでしょう。

ここのところ、耳は遠い、目は良く見えないで、ますますボケちゃうんじゃないかという状況だったので、少しでも刺激になればいいです。

さらに病気の情報!

そんなこんなで、ばたばたした状態のなか、主人から電話がありました。

なんと、6月に大腸のポリープ切除で1泊入院するとのこと!!

先日、健康診断で大腸のポリープがあったというのは聞きました。その時に組織を少しとって検査したようで、悪性ではなさそうだということです。

私が実家にきていて、長い間、単身で生活してもらっています。その前、私が東京で仕事をしていた時にも、忙しすぎて家事をまったくしてなくて、ご飯も作ってあげていない。

本当に申しわけないと思っているけど、私の体はひとつしかなく、今はどうにもできません。

食生活から大腸がんになる人が増えているのだから、なんとか気をつけてほしい(涙)

6月、抗がん剤の影響がこのまま出なくて、体調が安定していれば、東京に行こうと思います。

本当に、続くときには続くものです。

病気の流れは、今年中に断って、来年はみんなで元気に暮して行けますように!!

妹が様子を見に来た

秋田市に住んでいる妹が、母の白内障のオペの状況と、私の抗がん剤の様子を見にやってきました。

秋田県は結構広いので、車で1時間半くらいかかります。普段運転に慣れていない人には疲れる時間です。

妹も、認知症の姑を抱えているので大変です。

母の状況と、私の様子を見て一安心して帰りました。

どこもかしこも、高齢者と認知症だらけの日本だわ~~~

人口減少など、少子高齢化が日本の社会をじわじわと変えていくのでしょう。

せめて、自分のことは自分でできる高齢者になるように、まずは病気を治して、筋肉をつけて、頭の体操もしなくてはね。

抗がん剤の副作用は今日もなし

お陰様で、今日も副作用らしい副作用はほぼなし。

ありがたいことです。

こうして普通に生活ができて、母の通院のつきそいもできて、ブログも書けて、家事もできていることに感謝です。

◆ 抗がん剤用帽子・ケア帽子・手芸材料のお店 トレマーガ

◆  Etsy 海外向けマーケットプレイス


ブログランキング・にほんブグ村へ

▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。