余命宣告か? 

あれは10月11日の夜だった。

左胸に違和感が!

あれは10月11日の夜だった。

いつものように、パソコンでFBを見たりブログを書いたりしていたのだが、ふと左胸に違和感が。「あれっ???」 おそるおそる自分で触ってみたら、はっきりしたしこりが・・・・・

かなり大きい。

これはもしかして ???

赤ん坊におっぱいをあげていた時には、乳腺炎にかかった。生理があった時には、生理前緊張期で胸が張った。でも、私の年齢ではもうそれはありえない。

考えられることは、そう、あの病気しかない。

乳がん

まずい、これはまずい。

この大きさでは、もう転移しているかもしれない。ステージ何だろう? 他の臓器に転移していたらステージⅣで、もう延命治療しかないという。

うわぁぁぁぁぁぁぁ、母を残して先に死ぬわけにはいかない。あの半分ぼけたバアさんを、誰が見てくれる? いないよ(泣)

父の肺がんがわかって実家の秋田と東京を行き来しはじめたのは2013年。それから移住で、健康診断受けてなかった。4年以上うけてないよ、たぶん(泣)

その夜は、動揺してあれこれ考えて寝付けなかった。焼酎をがぶ飲みして、とにかく眠った。

次の朝、普通に起きて朝食の支度をし、普通にご飯を食べ、ダリアの収穫をいつもどおりにこなした。冷静に、冷静に! まだ、病名が決まったわけではないのに、母や息子に心配をかけてはいけない。いつも通りに過ごそう、そう決めた。

でも、頭の中では、今後の対策を考えていた。

ダリアの収穫が終わる1週間後に病院へ行こう!

ダリアの収穫が終わるまではどうにも身動きが取れない。あと1週間でJAへの納品が終わる。そうしたらすぐに病院へ行こう。

その間、乳がんの本や、先進医療の本や、代替療法の本などを取り寄せて読んだり、ネットで調べまくった。

乳がんの場合、普通の病院での治療は、大雑把に言うと、まずみつかったらオペ。癌細胞はとってしまう。そして、抗がん剤や放射線で残ったがん細胞をやっつける、というのがスタンダードな治療方法のようだった。

私の周りでも、乳がんでオペをした人がかなりいて、今はみんな元気にくらしている。だから、そんなに簡単には死なないと思う。

でも、このしこりはかなり大きいよ(涙)

ステージⅣならどうしよう?

最悪のことも想定しておかなければいけない。何年生きられるだろう? いや、直さなくてはいけない。母を残しては死ねない。

読んだ本や、ネットでは、ステージⅣから生還した人達の手記などがたくさんあった。代替医療というものがあって、いろいろな療法があることがわかった。

でもそれは保険がきかないもので、恐ろしく高額だ。私には無理だわ・・・・・。貧乏人は、おとなしく死ぬしかないのかしら?

それでも私にもできそうなことが書いてあった。その要点は、

・ がんは糖質を栄養にして大きくなる。砂糖・炭水化物など、すぐに断つこと

・ がんは低体温で増殖する。体を温める工夫をすること

・ 早寝をして免疫力をつけること

まずはできることをやろう

すぐに玄米を買ってきて、私だけ朝・昼は玄米に。夜はお米は食べないことにした。

お菓子、お酒はやめる(涙)

コーヒーは体を冷やすのでやめる(涙)

紅茶にしょうがパウダーを入れて飲む。これ、体が温まります。

腹巻を買った。生きるためにはカッコなんてかまってられない。

使い捨てカイロをはりまくった。

ダウンのベストに、ダウンのひざ掛け。このひざ掛けはホックで止められるものを買って、スカートのように腰の周りに巻いた。そしてマフラーで首回りを保温。

体温計を買う。ここ何十年、体温なんて計ったことがなかった。体温を毎朝はかったけど、思ったより高くて36度台だった。

とにかく、できることをやろう!

母や息子は、私がダイエットでもしているとでも思ったらしく、特に怪しんでいなかった。

余命宣告されたら、どう生きようか?

あきらめないつもりだけど、もし余命宣告されたら何をしよう・・・・・・・

不思議と思い浮かばない。母を看取る以外に、これと言って思い浮かばない。

欲を言えば、森川農園が日本一のアスパラガス農家になるのを見届けたいなぁ。

普通の日常生活を、いつものように送りたい。その日が一日でも長く続いてほしい。

ああぁ、私はしあわせな毎日を送っているんだな。それにこれと言ってやり残したことがないくらい、思い切り生きてきた。恵まれた人生を歩んできたんだな。

でも、神様、ご先祖様。母より先には死にたくないので、最低母がそちらに行くまでは、私を迎えに来ないでね~~~

そんなことを、毎日、仏壇にお祈りした。

いざ、病院へ!

10月18日、ダリアのJAへの出荷が終わった。

私は、母に「友達のカフェに行ってくる。」 そう言って病院へ行った。

1軒目の大きな病院は、なんと、検査できる日は11月13日まで空いていないという。13日に検査をして、14日にその結果を見ての診察だそう。

いやだよ! こんなおちつかない気持ちのまま、もう1か月も待つの!

そうしたら看護婦さんが 「N病院か、M医院なら、もっと早く検査してもらえると思います。」と教えてくれた。私はその足で急いでN病院へ行った。

N病院は素早かった。なんと、間髪入れずにエコーとマンモグラフィーをとって、先生の診断もすぐに受けられた。

レントゲンをかざして、先生が見ている。じっと考えている・・・・・

「先生、早く言ってよ、心の準備は出来てるつもりです。」と心の中でつぶやいた。

意外な先生の言葉!

「なんか、袋ができていて、その中に多分、水がたまっています。注射器でぬき取ってみますね。たぶんがんではないと思います。」

ん、ん、ん? 袋? 水?  まったく考えても見ない言葉が語られました。

そして、太い注射針をブスッと胸に! 抜き取った液体は、最初、黄色かった。

脂肪だ、この色は脂肪だ!!

そのうち血が混じってきて、赤くなってきた。

先生は「たぶんがんではないと思いますが、検査にだします。1週間後にきてください。」ということだった。

ふう~~~、ちょっと、心が軽くなりました。

友人は乳がんの先輩

病院を出て、本当に友達のカフェへ。友達は、実は乳がんの先輩なのだ。今日、起きたことを話しながら昼食。

「大丈夫だよ。先生は、よほど自信がないと『大丈夫と思います』なんて言わないよ。」と言ってくれた。

「乳がんは、そんなに簡単に死なないから!」とはげましてくれた。でもまだ安心はできない。検査結果を聞くまでは!

検査結果は?

そして、本日25日、検査結果を聞きに行きました。

がんではありませんでした。あの脂肪の中にがん細胞はみつからなかったそうです。

でも、触診をして「まだしこりが大きいですね。よっぽど固い袋なんでしょうね? 大丈夫と思いますが生研してみますか? 麻酔をかけて切るほどのことでもないと思うけど・・・・・ まずは経過観察しましょう。」ということになりました。

100% 大丈夫ということはないけれど、いまのところは生きられそうです。

それにしても、脂肪って(苦笑)

明日も生きられるかなんて誰にもわからない

私ももうすぐ還暦。もう若くはない。だけどのんびりしたもので、明日は当たり前にくるものだと信じて疑わなかった。

今回のがん騒動で、明日はこないかもしれないということに、今さらながら気ずかされた。そして、私はどれだけ恵まれた日常を送っているのかも!

毎朝あたりまえに目が覚めて、おいしいごはんが食べられて、寒さがしのげる家で暮らせて、家族がいる。もう、十分にしあわせだ。感謝が足りないな。

今後の展望

まずは、自分の幸せをかみして感謝して生きます。

でもでも、代替医療はむちゃくちゃ高いということがわかりました。がん保険に入っているけど、保険がおりない治療法がたくさんあります。

貧乏人は助からない(爆)

お金を貯めよう。今、とりくんでいる物販、もっと真剣にやって利益をださなくちゃ!!

思わぬ副産物

この2週間あまり、お菓子も食べず、お酒も飲まず、体重がちょっとだけ減りました(笑) 思わぬ副産物です!!

27日に健康診断を予約してあるのだけど、たぶん、肝臓とか中性脂肪の数値とか、良いのではないかと予測してます。

このまま、砂糖はなるべく取らず、コーヒーのがぶ飲みもやめます。お酒もほどほどにします。そして体を温める(笑)

ああぁ、それにしても脂肪が入った袋って(苦笑)

この一連の乳がん騒動を知っているのは、友人のせっちゃんだけです。母も息子も、主人にも言ってなかった。がんとわかったら言うつもりだった。

私ってけなげだよね。心配かけまいと誰にも言わないなんて。無事とわかったら、ちょっと腹がたってきた。何にも知らずにのんきにしているあいつら~~~(怒)

どなかた、わたしのような症状の方いませんか? この袋は自然に溶けるものなんでしょうか? もしそんな人がいたら、アドバイスをください!!

ブログランキング・にほんブログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。