糖質制限ダイエット フリースタイルリブレ 血糖値測定 人体実験ラカントS編

糖質制限を開始してから、砂糖はやめてラカントSを使っています。


画像はラカントSの公式サイトより

ラカントとは

ラカントS の公式サイトの説明によると

ラカントは、古来から漢方として愛用されてきた神果「羅漢果(ラカンカ)」の高純度エキスと、ワインやキノコに含まれる天然の甘味成分「エリスリトール」から作られた、植物由来のカロリー0の甘味料です。

とあります。

成分を調べたら、

【栄養成分表示 (100g当たり)】

熱量     0kcal
たんぱく質  0.2g
脂質     0g
炭水化物
糖質     99.8g
糖類     0g
食物繊維   0g
食塩相当量      0g

【原材料名】
エリスリトール、ラカンカエキス、甘味料(ラカンカ抽出物)

となっています。

むむ!
糖質がなんと 99.8g もあります Σ(・□・;)

これは、自分の体を使って人体実験しなければなりません。

ラカントSを紅茶に入れて実験開始

どこかのSNSで、ラカンカは糖質があるけど、人体に吸収されにくいので太りにくい、と書かれていたのを見たことがあります。

jsbaw7160 / Pixabay

私は、さっそくフリースタイルリブレを使って測定しました。

紅茶に、ラカントSをティースプーン山盛り1杯入れて飲みました。

ラカントSは、そのももの色を生かしているので茶色です。

使う量は砂糖と同量でいいそうです。

一度に多量にとると、まれにお腹がゆるくなる人がいるそうなので、気をつけてください、とあります。

それからパン作りに使うと、パンが上手に膨らまないことがあるそうです。

結果報告 糖質は上昇したか?

やはり多少は上がりました。
103 → 108
ティースプーン1杯でこれなので、お料理などに大匙で何倍も入れたら結構ふえてしまいます。

やはり食べてみて甘いと感じるものは要注意です。

エリスリトールは血糖値をまったく上げないということではなく、砂糖よりはマシ、という認識をしたほうがよいです。

コーヒーや紅茶は、砂糖ぬきで飲むのが正解ですね。もともと砂糖を必要としない、緑茶や麦茶などのお茶にしておけば安全です。

一番いいのは砂糖類を買わず、手の届く範囲に砂糖がないのが理想です。

一人暮しならそれができますね。カップルでも、二人同時に糖質制限していればできます。

私の場合、母と息子にご飯を作っているので、味付けに砂糖を使わざるをえないのです。

調理用として使うお酒は、糖質ゼロのものを買いました。

みりんも問題です。ほとんどが砂糖を使っています。
みりんも良いものがないか探してみます。

和食はヘルシーというイメージがありますが、それはひと昔前の栄養の理論にもとずいています。現在の、糖質は体に毒という理論が認識されるようになったからは、和食は砂糖が大量に使われているので注意! というように変わっています。

母が作る漬物など、大量の砂糖を使います。昔は漬物って塩を大量に使うイメージでしたが、今の漬物は砂糖が大量に使われているから注意が必要です。

洋食ってよく考えると、塩・胡椒・スパイスが基本です。あとはバター。料理の味付けに砂糖は使わないことが多いです。デザートだけは大量に使います。

和食の味付けも、砂糖を使わくてもおいしくできる研究をしないいけないです。

研究することがたくさんあるわ~~~

こんな私を応援しようと思う方、下のバナーをクリックしてくださいね 💓


ブログランキング・にほんログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。