死ぬ時は日本で死にたい 中華人民共和国日本省では死にたくない

SHARE

死ぬ時は日本で死にたい 中華人民共和国日本省では死にたくない

菅政権になってから、転がり落ちるように日本がおかしくなっていると思うのは私だけでしょか?

コロナは収束せず、いまだに緊急事態宣言が継続中。

国民には告げずに、特段の事情で外国人を無制限にどんどん日本に入国されていた。しかも入国後はちゃんと監視せずに自由に行動させている。

コロナで入院しているのは、日本人より外国人が多い? なのにその国籍を明かにしない。

そしてワクチン。

ワクチンは安全なのか? なぜこんなに早くワクチンができたのか? あせって打つ必要はあるのか?

これのワクチンにかこつけて、国民を監視して支配しようとしているのではないか?

ワクチンの利権で儲けようとしている人たちがいるのではないか?

病床が足りないというけど、それはなぜなのか?

なにか、からくりがあるのではないか?

Go To事業は、中途半端でとん挫している。

二階氏の中共よりの政策にかき回されている。

尖閣諸島には、毎日中国船がきて領海侵犯している。なのに何もできない日本政府。

森前総理は、東京オリンピックの組織委員会の会長を辞任。マスコミの森たたきはすごかった。

森さんは、病気をおして命がけで頑張ってくれたのに。

森さんが人権に触れる発言をした? じゃ中国はどうなの? ウイグルをジェノサイドしている中国にオリンピックを開催する資格なんてない。それを言わないマスコミ。

竹田氏の意見の通りです!

 

マスコミはもはや日本をおかしな方向に向かわせるためのプロパガンダとしか思えない。

しかも国民には説明なしで、RCEPを承認しようとしている。この件について、私は全く知りませんでした。

このRCEP、調べれば調べるほど、中国に利益をもたらすもので、日本の国益を損ねるものである事がわかってきました。

こんな大事な法案についても、公営放送であるはずのNHKは、なんの放送もない。

RCEPについては、また後日、ちゃんとしらべてブログに書きます。

なんだか、菅総理になってからというもの、胸のつかえが次第に大きくなって行く気がしてなりません。

菅総理は、本当に日本国民の事を考えているんだろうか?

あの周りにいるブレーンを見ると、とても国益のために良い事をしてくれるとは思えないメンバーです。

自分たちの利権を確保するために動いているのではないか?

中共に有利に動いているのではないか?

ディープステートの操り人形ではないのか?

アメリカを見ると、中共とディープステートが介入した不正選挙で大統領になったバイデンが就任。

その日から気が狂っているとしか思えない大統領令を続発。

それに続くトランプの弾劾裁判。バイデン民主党政権はいったい何をおそれているのか?

バイデン政権がこのまま続くとしたら、日本は簡単に中共に売り渡されてしまう。


ああ、私は死ぬときは日本で死にたい。

中華人民共和国日本省では死にたくない。

そのために私は何ができるだろう?

子どもや孫に、日本を残していくためにどうすればいいのだろう?

 

 

ブログランキング・にほんブグ村へ