トランプ復活を信じるサイモンパークスの言葉

SHARE

トランプ復活を信じるサイモンパークスの言葉

以前にも、サイモン・パークスさんについて書いた事があります。

サイモン・パークスさんは、イギリス・ヨークシャーの市会議員。
イギリスの諜報機関Mi6の祖父と、Mi5の母、そんな家庭に産まれたそうです。

そして最近、アメリカのCiAではない善なる諜報機関より依頼を受け、来年からアメリカで仕事をされるそうです。

また地球外生命体、マンティスやレプティリアンと共に育ったと(!)
ET生命体との交流についてもカミングアウトされています。
その上で議員になったという、面白い経歴の持ち主です(笑)

 

そのサイモン・パークスさんがコメントを出しました。

今、アメリカでおこっている現象を総合的にとらえた彼の予想です。

私は、かなり信ぴょう性が高いのではと思います。

信じるか、信じないかはあなた次第です(笑)

 

YouTubeから警告が来て、私は4月末までYouTubeに動画を投稿できません。暴力や犯罪を助長したと言う理由です。

いくつかのSNSでは暴力や犯罪と言うのはトランプ支持者のことで、トランプを支持する発言をすると暴力や犯罪を助長することになると言うことなのでしょう。

良い人たちの計画に従う事は正しいことなのかどうかと言う議論があります。

「家にいて下さい。」とか、あれはするなこれはするなと言う人に対して腹を立てている人がいます。それでは逆に代替案は何でしょうか? 銃を持って外に出ることです。あなたはバイデンと衝突するのですか? 州兵や軍隊と衝突するのですか?

私が本当に疑いの余地なく皆さんに言える事は、ディープステートが望んでいる事は、トランプ支持者が州兵や軍と衝突しガンバトルを繰り広げることです。そうすれば彼らはそれを口実に「私たちは規則を変えなければなりません。」と言うでしょう。

銃を持って外に出てはいけません。敵の思う壺です。

中略
バイデンは国防総省にサウジアラビアにF-35を売却することに関する情報を要求したところ「あなたは知る必要がありません。」と言われました。

バイデンは就任式の日に、軍の飛行機で来ることをオファーされなかった最初の大統領です。彼は自分で雇った飛行機で来なければなりませんでした。

バイデンはパレードで軍の兵士に背中を向けられた最初の大統領です。バイデン夫人がクッキーを配った時、兵士は誰も受け取りませんでした。

メディアの前で彼が大統領に署名をした時、紙は白紙で彼は「私は何に署名しているんだ?」と言っていました。

もし大統領令が実際に発行されているなら、アメリカ国内で既に何か変化が起きるはずです。私が話した人々によると、今やっていることを中止するようにと言う指示はだれも受け取っていません。

さらに、これらの大統領令はしかるべき場所に提出されていないと言うことです。彼は大統領令に署名しましたがそれはまだホワイトハウスか机の上に置かれたままなのでしょう。

こんなに弱い政権は見たことがありません。

現在アメリカには2つの政権があります。バイデン政権と軍事政権です。

トランプがホワイトハウスから去るとき、彼は軍に権限を与える法律に署名しました。私はそれを反乱法とは言いません。軍の政権と言います。トランプはそれに署名したためバイデンはそれを撤回することができません。


なぜならトランプが署名した時、彼は共同最高指揮官に「いつ非常事態が終わるのかを決める責任はあなたたちにあります。」と言ったからです。共同最高指揮官だけが「非常事態は終わりです。権限を民主主義に戻します。」と言えるのです。

だからペンタゴンは、バイデンがペンタゴンに足を踏み入れることを許可していないのです。共同最高指揮官は、バイデンを本当の大統領とみなしていないのです。だから(ホワイトハウスの)旗がおされたのです。

執事についての話は聞きましたか? 就任式の4日ほど前に、私たちは冗談を言っていました。彼はホワイトハウスに入れてもらえないのではないかと。実際は彼はオーバルオフィスに入ることが出来ませんでした。執事は解雇されていました。トランプの執事は解雇されていたためドアは鍵がかかったままでした。バイデンと夫人は外に立ったまま中に入れませんでした。

これら全てのことが軍は売電には従わないと言う証拠です。

なぜなら彼は本当のアメリカ合衆国大統領ではないからです。本当の大統領はトランプです。

トランプは約1億票の票を獲得しました。トランプはカリフォルニア州で勝ちました。トランプはハワイ州で勝ちました。私が見た証拠によると、唯一彼が取れなかった場所はワシントンDCと呼ばれるひどい場所のみです。
バイデンは約4000票取りました。トランプは約1億票とりました。それを知っているのにバイデンから命令を受けたり、彼を最高指揮官と呼ぶことはできません。

トランプが現在、軍と仕事をしている唯一の人です。トランプは今でも命令に署名し軍に渡しています。軍は彼を大統領とみなしているのです。バイデンではありません。

しかし私たちは問題を抱えています。なぜならバイデンはメディアによって「オフィス」に入れられ、世界がこの巨大な偽りを見ているからです。

軍は現在再調整をしなければなりません。私は次に何かが起きる時は私たちには小さな警告しか出ないと思います。

前回は就任式と言う大きなイベントがあったので大きな議論がありました。しその時に行動するのはクラッシックな方法でした。

(就任式でバイデン側が一斉に逮捕されるのではないかと噂が出ていました)
就任式の日に何がうまくいかなかったのかについて、大きな出来事の1つはマドリッドの爆発です。ガス爆発と言われていましたが。私はガス爆発ではないと聞きました。就任式の約1時間前に起きました。私たちはそれを良い人たちと悪い人たちの間で行われている悪魔のチェスゲームの1部であると見るべきです。

私はいつも彼をトランプ大統領と呼んでいます。なぜなら彼が大統領だからです。彼が選挙に勝ったのです。トランプ大統領は終わったわけではありません。

弾劾やロシアゲート疑惑や暗殺未遂、ファーストレディーの暗殺未遂があった後に、国民に背を向けて去っていくなんてあなたならできないでしょう。彼はそのような人間ではありません。だから彼はなんらか形で戻ってくると言ったのです。

私たちは現在厳しい時の中にいます。私たちは、合法な大統領ではないとわかっている人を押し付けられています。彼らバイデンチームも合法でないとわかっています。彼らは彼らが欲しいと思ったものは手に入れていません。だからオバマの顔もクリントンの顔も沈んでいたのです。だからバーニーサンダースはぽつんと座っていたのです。彼らはホワイトハウスを手に入れたように見えますが実際は手に入れていません。


彼らが手に入れたのは、おそらくカリフォルニアのオフィスでしょう。キャッスルロックと呼ばれるスタジオでしょう。間違いなくハリウッドが協力しています。

軍の800人の上級将校とその他何千人の引退した将校や兵士がいるのか分かりませんが、本当の大統領は誰なのか、本当の最高指揮官は誰なのかを知っている人たちはゴーサインが出る瞬間を待っています。

軍は降参していません。彼らの意識の高さは就任式の日と同じ位高いままです。今回は一般の人々には前もって知らされないかもしれません。敵に知られたくないからです。


魔法の深さは人々に示されましたが、リサーチャーや私たちの分野に入る知識のある人々でさえ、悪魔が浸透していた深さに驚いています。就任式の日以降、私たちが問題がなくなったと思っていた場所や個人に、実はまだ問題があったと言うことがわかりました。もしこの就任式が行われなかったらわからなかった(念のため言っておきますが、就任式が行われたのは良いことだと言いたいのではありません)就任式が行われて以降、表に出てきたものがあります。間違いなく皆さんが見たことがないようなものです。

新しい時代がすぐにやってきます。私が完全に確信しているのは、共和国第19代大統領(合衆国ではなくて)は、これらの隠れた工作員と一緒に新しい世界を作って欲しくない。工作員とは再び新しい国を作ってほしくないと思っていると言うことです。

大統領が昔の共和国ペンシルバニア州に行くのかテキサス州に行くのかわかりませんが、私はDCでなければどこでもかまいません。

私はその時アメリカで建設現場の仕事を得ることはできませんが。剛球の振り子がDCの建物を破壊するのは素晴らしいだろうと思います。なぜなら悪の権力のネットワークは破壊されなければなりません。悪魔のメッキは破壊されなければなりません。中には新しい建物もありますが破壊されなければなりません。

私はDCは再建されると信じていますもう一度 首都になる可能性はあると思います。未来の大統領がそこに戻り再設定するかもしれません。それは国民が決めることでしょう。

私たちは過去何年にもわたって良い人たちが腐敗していくのを見てきました。それが今、目の前に来ています。完全にドアが開いています。少しではありません。完全に開いて全体像が見えています。好腕まくりをしろ、中に入るぞ、取り掛かれと言っています。

あなたは軍が行動すると信じますか? もしくは信じませんか? もし信じていない場合、あなたの代替案はなんですか? 何が起きるべきだと思いますか?
私は軍は何か行動すると信じています。しかしそれがいつになるかは分かりません。

1つフラストレーションなのは、今トランプが大統領ではないと言うことです。バイデンがそこにいる間は、間違いなく私はアメリカに引っ越すことはできません。私は受け入れてもらえないでしょう。何が起きるかわかりません。私は個人的にトランプにそこにいてもらう必要があります。なぜなら私がオハオファーを受けた仕事(被害者のためのヒーリングセンターを作る)をしに行きたいからです。


私たちは良い時が来るのを待っています。皆さんが信じようと信じなかろうと、トランプ大統領は「最高の時はまだ来ていない。」と言っています。私は実際に彼を信じています。

私はすべての悪魔がアメリカから取り除かれた時、自然と抜本的な変化が起き、人間性や人類の価値を巨大な株式会社から取り戻せると思います。


これは巨大な戦いです。私たちは悪魔の広さ深さどれだけ強いのか見てきました。メディアの力がどれだけ強いのかを理解しました。

いくつも例があります。私はアカウント停止されました。リンウッドもシドニーパウエルもトランプ大統領も同じ目に遭いました。大統領を守るために立ち上がった人々はすべてメディアに攻撃されました。


そうでない人はメディアに攻撃されていません。すべてで、まだバイデンが正しいんだと言っている人は攻撃されていません。

コロナウィルスについて話した人はアカウント停止されました。トランプ大統領を支持したり、SNSの圧力にアカウント停止された人のリストを作れば、誰がよい人で誰がただのトラブルメーカーなのかわかるでしょう。それは人を見極めるための良い判断基準になると思います。


私は新しい政党ができると思います。そうしたらトランプはまずアリゾナ州のケリーをサポートし始めると思います。

トランプを有罪にするために投票した上院議員は皆、反逆罪に値します。おそらく共和党に残っている人の目を覚まさせる一番良い方法は、1億人、もしくは主要メディアによると7500万人がトランプに投票したと言う事実です。

もし半分の共和党員と4分の1の民主党員が新しい政党に入ったら、アメリカの政治は消して今までと同じになる事はないでしょう。


共和党も変わらなければなりません。トランプを支持し憲法を支持しなければなりません。彼らが常にすべきだったこと、つまり国民を支持するためにです。そうしなければ、政治生命は絶たれることになるでしょう。

新しい政党は政党政治はしません。アメリカの自由のために役割を果たすのです。共和党がかなりダイナミックなことをしなければ、新しい政党が大量の票を得ることになるでしょう。


正直言って共和党はとても腐敗しているのでそれはできないと思います。新しい政党が上院も下院も多くの議席を得るでしょう。トランプが大統領であるかどうかにかかわらずです。つまらない古いシステムはなくなります。

彼らが興味があるのは、いくらお金が稼げるのか、何回当選することができるのか、次のカクテルパーティーはいつか、この大使と話をすることができるか、この王様と話をすることができるか、良い年金がもらえるか、通りにいる何人かと握手をした方がカメラ写りが良くなるかな・・・・・そのようなことのために作られる政党ではありません。私も議員を3期勤めたのでわかります。


この政党に言いたいのは、あなたが国民と一緒にいるなら、国民を支持するなら、国民はあなたを支持するでしょう。もし、あなたが国民に背を向けるなら、あなたは華美なオフィスと、カメラと、高額な給料が手に入りますが、あなたの心からの魂がなくなりますと言うことです。

私がいつも言ってきたのは、もし夜よく眠りたいなら、自分がやると言ったことを実際にやらなきゃならないと言うことです。

政治の世界に入ると言う事は、国民を助けると言うことのはずですが、トランプ大統領は、大量の政治家が自分自身の事だけを考えて政治の世界に入っていたと言うことを示しました。

私は、ドナルドトランプにこの重責を引き受けるように説得した人々は、今でも彼を支持していると断言します。

しかしいつ変化が起きるのかは彼らが選択します。皆さんでも私でもありません。私たちは彼らが持っている情報を知らないからです。時が来たら彼らは動きます。1番混乱の少ない方法で動きます。

私たちは、BLMィファなどのやアンティファなどのテログループがスタンバイしていると知っています。何かバイデンに動きがあれば、彼らはいくつもの街で暴動を起こす準備ができています。

米軍はアメリカの政治に対処しなければなりません。いくつかの街のとても難しい状況に対処しなければなりません。可能性としてイスラエルとイランの間の戦争に備えなければなりません。中国にも備えなければなりません。中国は台湾に侵略するかもしれません。もっとクレイジーなことをするかもしれません。

それは私たちが米軍にお願いしていることなのです。それに加えてドナルドトランプ大統領をオフィスにも戻してくれますと頼んでいるのです。彼らにとってはどれも同じ重要な問題です。米軍はそれに従事し自信を持っています。

アメリカの人々はそれを見守り待っていますが、その他の国もそれぞれ見守り待っています。

なぜなら、何が起きているか気づいている人は、全員トランプ大統領が何らかの形で帰ってくるまで、世界中が直面している困難はより厳しくなるとわかっているからです。

イギリス政府は、ウィルスによる都市封鎖は6月か7月まで続けると言っています。私個人の意見ですが、それは馬鹿げていると思います。

永遠に刑務所に入れられているようなものです。誰とも会うことができない、食料や薬を買いに行く時しか外出できない、運動しに遠くまで行くことができない、これはダメ、あれはダメと言う状態が夏まで続くのです。これは共産主義や独裁国家に近づいています。

もしトランプ大統領がホワイトハウスにいたら、彼らはこのような事は言わなかったでしょう。トランプ大統領は巨大な防御者だったのです。彼がホワイトハウスに座っていた時、アメリカだけでなく世界の人々を社会主義や共産主義、もしくはディープステートによる恐怖政治から救ってくれていたのです。

トランプはアメリカ国民のためだけでなく、世界の人々のために戻ってくる必要があるのです。だから人々は信じ続ける必要があるのです。真実を追求し続ける必要があるのです。

希望が持てない世界には行かないでください。主要メディアが作る嘘の中には行かないでください。疑いすぎたり、怖がりすぎたりしないでください。真実を外に伝えて下さい。真実とはアメリカは本来のアメリカに戻りつつあると言うことです。

私はトランプの「最高の時はまだ来ていない。」と言う言葉を信じます。私はどこにも行きません。トランプが負けたから私がどこかに消えたと言っている人がいますが、私は消えません。愛国者を支持し続けます。

私はシステムに攻撃されただけです。私はここにいます私たちは皆ここにいます。

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブグ村へ