尖閣を死守 自国で守り抜けるようになる!

SHARE

尖閣を死守 自国で守り抜けるようになる!

アメリカが大統領選挙でもめているうちに、中共は今日も尖閣に来ています。

この前の王毅外相に対する茂木外務大臣の態度は、日本人として許せませんでした。

今日は、岸防衛大臣が中国の防衛大臣とテレビ会議があったそうです。そこで、岸防衛大臣が本人にむかってきっぱりと抗議したそうです。

いいぞ、岸防衛大臣!

ていうか、これが普通です・・・・・

 

なぜに、ここまで日本が中国になめられているのか?

二階幹事長などの親中派が日本を牛耳っているせいもあるけど、日本が自分の力で自分の国を守れないからです。

憲法第9条があって、日本は武力を持てないのです。結局は、アメリカに守ってもらわなければいけません。

ところが、今、アメリカは大統領選挙でもめています。

今日も、選挙人投票が行われましたが、スイングステートの7州は、現在の状況を受けて、もともとのバイデンに投票する選挙人のほか、トランプに投票する選挙人を選んで2重に投票したとΣ(・□・;)

結局、開票する1月6日まで、まったく決着がつかないということなのです。

それなのに、またマスコミは「バイデン大統領誕生」と報道する!

結局は、トランプ大統領が、不正選挙であることを理由に大統領令を出して、選挙の数え直しか、議会による選挙のやり直しになるのではないか、と報道されています。

つまり、アメリカはずっと不安定な状況が続きます。

めでたくトランプ大統領が再選されても、民主党やグローバリストのすさまじい反撃がはじまり、内戦状態になるかもしれません。

そうなると、喜ぶのは中共なのです。

 

自民党がもっとしゃきっとして、憲法改正をして、国軍を持っておかなければいけなかったのです。

第2次世界大戦が終わったときに、敗戦国の日本が再び強い国ならないように、GHQが作ったのが今の日本の憲法です。

ひたすら「日本は世界に向けて悪いことをしたのだ。日本人はずっと海外に頭を下げてあやまり続けなければいけない。」と教えこまれました。

でもそれは違う。

「やむにやまれず開戦してしまった。」東京裁判の裁判官がそう言っています。

南京大虐殺はでっち上げだったし、慰安婦も日本の朝日新聞が作り上げた話で、実際はなかった。

東アジアの国では、ヨーロッパによる植民地支配を日本軍が救って解放してくれた、と感謝している国が多いのです。

私は、ずっと子どもの頃から自虐史を植え付けられた。教科書にもそのでっち上げが書かれていた。

それが間違いだったということを、最近まで知りませんでした。

テレビも新聞も、ずっとその自虐史感を報道しているからなのです。

海外旅行に行くようになって、日本は本当に良い国だとわかりました。

夜、女性が一人で歩いていても何事もおこらない国なんてそうそうありません。

電車で居眠りしていても、スリに会わない国なんて日本以外にないでしょう。

水道から出てくる水を安心して飲めるのも日本だけ。

日本ではあたり前の事が、世界からしたら奇跡なのです。

そして、今度のアメリカ大統領選挙の様子を見ても、日本人のまじめさ几帳面さがどれほど素晴らしいかがわかりました。

日本では選挙であんな不正が行われる事は考えられません。だって戸籍がしっかりしているから、投票用紙を他の国が作れない。本人にしか投票用紙はいかない。

お金のために、選挙の管理人が不正をするなんてことも考えられません。

これほど規律正しく、整然と選挙がおこなわれている国は、世界でもそうそうないでしょう。

それも、中共に占領されてしまえば、すべて破壊されてしまいます。

あの中共が支配する秩序のない冷酷な世界になってしまうのです。

何としてもそれは避けなければ!

 

今からでも遅くはない。

次の選挙では、まずは親中派を国政から落とさなくては!

夫婦別姓を主張している議員、女系天皇容認の議員も、政治の世界から消えてもらいたい。

日本を愛し、日本を守り抜く覚悟のある人を選らばなければ。

憲法を変えることはタブーではありません。ほかの国はしょっちゅう変えています。むしろ変えない日本が異常です。

私は憲法を今すぐに変えて、国軍を持つべきだと思います。

軍備を増強すべきです。

闘うためではなく、抑止力のためにです。

中共に占領する前に、それがまにあってほしいです!

ブログランキング・にほんブグ村へ

2 Comments

puu

初めまして。
ディマッシュの歌声にやられてファンになりました。
また、私もステージ4ですので、貴女の事が何故か気になり、ブログも覗かさせて頂いています。
で、今回の、この政治的なブログに
またまた、私と同じ考えだったので、
絶対に書かないコメントを書いてしまいました。
主人側の甥や姪が、空軍や陸軍、海軍に。私の従兄弟や甥は警察官。
だから、お国の為に身体を張って居るからこそ色んな事を聞いては、悔しく涙してしまいます。
GHQの決めた憲法を日本の首根っこを抑えつけて居る憲法を改正するべきですよ!
日本人がいつも悪いと教育された私たち。違うんですよね。東南アジアの国々の方達が独立に当たってどれだけ日本人に感謝している事か!ラオスの話など、涙無くして、戦時中の話を私はできません。日本人で有る事を 誇りに思います。
トルコ、ベトナム、カンボジアと、色んな国々に旅に行きましたが、現地の方々が日本人が大好きで、今尚感謝されており、胸が熱くなりますよ!
あっ、ごめんなさい。長くなりました。
陰ながら応援していますね、ずーっと!

ITSUKO

コメントありがとうございます。

本当にわかってくださる方がいてうれしいです。

去年までの私は全く政治に興味がなかったので、まさかこんな事をブログに書くようになるとは思いませんでした。でも知ってしまった以上、ほかのみんなに少しでも伝えなければ思って書いています。

誤字脱字だらけのブログですが、これからもわかった事を少しずつ書いていきます。どうぞよろしくお願いします。

まだまだ伝えなければいけない事がある! 憲法をかえて、子どもや孫が安心して暮らせる日本にするまでは死ねません。お互いに病気に負けずに頑張りましょう!

現在コメントは受け付けておりません。