「世界覇権・10年戦争」が始まった 2021年 世界の真実 馬渕睦夫が読み解く

SHARE

「世界覇権・10年戦争」が始まった 2021年 世界の真実 馬渕睦夫が読み解く

ショッキングな題名ですね(笑)

でも、もうみんな認めるでしょ? 経済戦争はすでに始まっています。

そして普通の、テレビや新聞しかチェックしない、情弱の日本人にはわからないけど、実はもう経済以外でも始まっています。

 

今日、私の手元に届きました。

元駐ウクライナ大使、馬渕睦夫氏の最新本です。

馬渕睦夫が読み解く 2021年世界の真実 「世界覇権・10年戦争」が始まった

情弱な私でも、2020年、今年のコロナウイルス騒ぎのあたりから、もう世界は今まで通りではない Σ(・□・;)

ということだけはわかりました。

そしていろいろ本を読んだり、ypoutubeを見たり、ツイッターを見たりして勉強しました。

そんななか、元駐ウクライナ大使、馬渕睦夫氏の解説はとてもわかりやすかったのです。

私も、この本を全部は読んでいないのですが、おおよそこの事をお話します。


今の戦いは、トランプvs習近平、アメリカvs中共 というような単純なものではない。

トランプvsディープステートvs中共 の三つ巴の戦いである。

そして、現状を解説するのに、単に「アメリカ」と言ってはいけない。

トランプと、トランプ以前のオバマまでのアメリカ=ディープステート、はっきりわけて話す必要がある。

今の戦いは、過去100年の世界秩序を覆す戦いである。

ディープステートとは、ウォール街の国際金融資本家の事である。

そして腐敗した官僚は、そのディープステートの実戦部隊である。

CIA も、FBIも、国務省も、財務省も、国防省も、ディープステートの権力下にある。

トランプは新しい人事を行いたいが、議会の承認がいるために、なかなか変えられず、腐敗した官僚が、まだたくさん残っている。

そしてディープステートは、メディアを抑えている。なので、マスコミはトランプに不利な報道しかしない。

ディープステートというと、陰謀論とか言われるけれど、ディープステートは普通に表舞台にいる人たちなのだ。

この構造は、日本でも同じ。

この続きは、また本を読み進めて書きます!

ブログランキング・にほんブグ村へ

参考文献