東京スカイツリー 鳥の目で地上を見て思ったこと

SHARE

東京スカイツリー 鳥の目で地上を見て思ったこと

東京で仕事をしていたときには、新しい観光スポットができてもすぐには行きませんでした。

「あんなに混んでいる時に行くことはないわ。いつでも行けるもの。」そう思って行かない場所がたくさんありました。

ところが、その時はなかなか来ないのです。

そうこうしているうち秋田の実家へ帰ることになりました。だから、そのうち行こうと思っていたのに行けなかった場所がたくさん残っています。

東京へ来たとき、時間がある場合は行こう! そう決めました。

そしてやっと東京スカイツリーに行ってきました。

東京スカイツリー 入場料

結構、お高いお値段です。

フロア350m + 450mのセット券  と  展望デッキのみ(フロア350m) の2種類があります。
平日 と 休日 でもお値段が違います。

しかし、日時指定券(前売り券)がのあります。こちらはかなりお安くなります。これは、公式ホームページか、セブンイレブンに設置されているマルチコピー機で、前日まで購入できます。

しかも、私は両足が人工股関節で身障者手帳を持っているので、半額になりました。ありがとうございます。

お値段は、公式ホームページを見てね。

東京スカイツリー アクセス

詳しいアクセスはこちらをチェックしてね。
・ 電車
東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」または、半蔵門線、都営浅草線「押上駅」が便利です。

・ バス 都バスは、押上か東京スカイツリー駅入り口 で止まるものを探してね。
バス路線図(南千住営業所)
バス路線図(南千住営業所青砥支所)

・ スカイツリーシャトルバス もあります。

この日、行きはJR日暮里駅から都バス08錦糸町行 に乗りました。
平日なので、空いていて座れました。時間は30分ほどかかりました。

このバス停で降ります。

歩いて3分もかかりません。
高い! 真上を見上げなくてはならず、首が疲れますΣ(・□・;)

スカイツリーと別棟にソラマチがあります。
ショッピングや食事が楽しめますが、この日は寄りませんでした。

こちらがスカイツリーの入り口。平日なのでがらすきです。

世界中のタワーの高さを比べてあります。
わが日本の東京スカイツリーは、634m で断トツの高さです!

1階は、スカイツリーに関するいろいろな説明のギャラリーです。

2階と3階は、普通のショッピング街です。

そこを通り4階に上るとチケットセンターがあります。今日は平日なので、ぜんぜん並んでいません。

うれしいことに、すぐにチケットが買えました。
私は前日にネットで購入していたので、スムーズに引き換えができました。

350mまで登るエレベーター前。
係のお姉さんたちは人気ブランド「ミナ」の制服です。

そしていよいよ展望台からの眺め!

この日はちょっとかすんでいたのですが、遠くまで見えました。

スマホなので、ぼやけて映ってしまいます(涙)

真下の墨田川の船もはっきり見えます。

川と海が光ってキラキラしていました。
この画像ではわかりにくいのですが、東京湾まではっきり見えました。

東京ドームがあって、その奥は池袋に新宿まで見えます。

スマホじゃやはり限界があります。ちゃんとしたカメラと腕があれば、素晴らしい景色なのです・・・・

スカイツリー直下の高層ビル

学校があり、低層の住宅が並び、人々が暮らしているであろう地域。

公募された絵が展示されていました。

日本的なデザインではなくて、外人受けしそうな斬新なデザインが多かったです。

帰りは、こちらからシャトルバスにのって上野駅まで帰りました。こちらは20分ちかくかかりました。

今回スカイツリーに登って、東京って本当に大きな街だと再確認しました。

正直、景色なんてあんまり期待して行かなかったのだけど、それは大きな間違いでした。

東京って素晴らしい街です。

美しい街です。

東京にこんなにたくさん川があるとは知りませんでした。そして、それはキラキラ光っていて、東京の豊かさを表現しているような気がしました。

あの小さな窓に、それぞれの家族が住んでいて、ひとつひとつに喜びや思いやりや、時には悲しみもあふれているんだと思ったら、なんだかじぃ~~~んときてしましました。

鳥は毎日こうして空から俯瞰しているのですね。

この繁栄と平和を、当たり前のことのように暮らしているけど、本当に感謝して生きなければいけないのだと感じました。

鳥の目で見たこの美しい街の平和を何が何でも守らなければいけない、と強く思いました。地上450mまで登ったかいがありました。

 

ランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村