ただ事ではなかった アメリカ「渡航中止・退避勧告」日本で何かがおこる!

SHARE

ただ事ではなかった アメリカ「渡航中止・退避勧告」日本で何かがおこる!

先日、私がこのブログでアメリカ「渡航中止・退避勧告」について書きました。

これは、日本においてインド型のコロナが拡大しているからか?

いや、それだけではない!

だって、他の国は日本の10倍も多くの人が感染している。

おかしい Σ(・□・;)

インド株のウイルスのため「渡航中止・退避勧告」ではない。

あきらかに、アメリカのオリンピックの選手に、日本は危険だから行くなと促している。

実際に武器を使った有事だけとは限らない。

オリンピックにあてて、新たな生物兵器をまかれる可能性だってある。

サイバー攻撃で、インターネットが麻痺してしまう可能性だってある。

 

 

 

そう思っていたら、尊敬する馬渕睦夫大使が言っています!

「これは戦争の前にやる事です! 40年間、外務省で働いていたからわかっています。これはその国で何かが起こる時に言う言葉です。」

やっぱりそうなんですね Σ(・□・;)

日本が巻き込まれて、何かが近々に起こりそうだということです。

何かはわからないが、アメリカは重要な情報をもっているということです。

それなのに、日本の政府は危機感がない! 選択的夫婦別姓とか、ジェンダーの問題とか、いつでもいい事をやっている!

コロナとワクチンの事しか考えていない。

今、アメリカでは逆革命がおきている。アメリカの共産化が進んでいる。

日本もその波にのまれようとしているのに、日本政府はのんびりしすぎ!

菅政権は外交がまったくできない!

有事に対する備えが全くできていない。

アメリカは、厳しく言ってはいないが、菅政権はけしからんと思っているはず。

何が起こるか不安です。

念のため、水、食料、現金、当座の生活に必要なものは準備しておいた方がよいかもです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村