石原慎太郎氏の言葉 「シナの属国になる事が私はよっぽど嫌だね」こんな政治家が早くあらわれますように 

SHARE

石原慎太郎氏の言葉 「シナの属国になる事が私はよっぽど嫌だね」こんな政治家が早くあらわれますように 

菅総理、耳の穴をかっぽじってよく聞け!!

シナ様のご機嫌を取って経済優先にした結果が今の日本です。

石原慎太郎氏の言うとおりの世界になってしまった😢

いったい、二階氏や菅総理や親中派議員たちは、シナ様からどれだけもらったんだろう? ハニトラにあったんだろう? 利権を得たんだろう?

石原慎太郎氏のように、これほど日本の国益を考え、経済より文化を尊重し、はっきりとものを言う政治家は、最近見たことがありません。

早くこのような政治家が、また日本に現れてほしい!

 

 

石原慎太郎氏の言葉

「チベットについてどう思うの?

チベットっていう国がなくなっちゃったね! これ同情しないのかね?

一点突破、全面拡大で、私は日本をチベットみたいな国にしたくないね。

そういうことになるんだったら、経済利益、失なったっていいじゃないですか。

民族の伝統とか文化ってのを抹殺されてネ、シナの属国になる事がね、私はよっぽど嫌だね!」

 

 

「なぁ、反省しろよ君らだって。

なんで日本の大きなメディアは報道しないのかね?

外務省と朝日新聞が考えてんじゃねーか、相談して?

何様、気にしてかね?

シナ様を気にしてかね?

朝日様を気にしてかね?

えぇ? もはや政府じゃないな。」

 

「私はあえて忠告しますけど、必ず公明党はあなた方の足手まといになりますな。

本当の事を言ってるんだ、君ら反省しろや!」

 

 

 

ブログランキング・にほんブグ村へ