正義感が残っていた自分に驚いた!

SHARE

正義感が残っていた自分に驚いた!

もう、還暦も過ぎました。

息子たちは二人とも結婚し、孫も生まれました。

主人は元気でまだ働いてくれている。

母もだいぶ弱ってはきたが、自分の事は自分でできる。

毎日、おなか一杯に食べられるし、温かい部屋で暮らせている。

時々は旅行にも行ける。

これがしあわせというものです。

日本に生まれただけで感謝しなければいけない!

心からそう思っています。

・ 

でも、2020年のコロナのパンデミック、アメリカの大統領選挙で、なにかがおかしい! ということに気が付いてしまった。

その闇は深く、広く、昔からあったものだったのです。

その闇の中で、私たち民衆は何も知らずに飼いならされていたのです。

ショックでした。

むなしくなりました。

悲しかった。

この悪に支配された闇のような世界で「庶民の人生なんてこんなものとあきらめて死ぬんだわ。」と絶望しかけました。

ところが、心の底からそれはイヤだ! と叫ぶ自分がいたのです。

この闇は絶対に許せない! と熱くなっている自分がいたのです。

頭がおかしくなったんじゃない? と言われてもいい。最後まで希望をすてません。

この闇の悪がすべて白日の元にさらされて、希望が持てる世界になるまで叫び続けます。

日本という国が、日本人のための国になるように話し続けます。

こんな正義感が、こんな婆さんに残っていたなんて、自分でもおどろきましたよ ((´∀`))ケラケラ

 

下の動画は、トランプ大統領が闇の勢力の悪事を暴くために、いまだに頑張っていることを信じている、サイモン・パークスさんの言葉を日本語訳してくれたものです。

15分ほどの動画です。私も彼同様の意見です。希望をもって生きていきます。

ぜひ見てくださいね。

 

ブログランキング・にほんブグ村へ