今日はスポーツの日 本来なら東京オリンピックが開かれているはずだった

SHARE

今日はスポーツの日 本来なら東京オリンピックが開かれているはずだった

今日2020年7月24日は、スポーツの日。

本来なら、東京オリンピックが華々しく開かれているはずでした。

わずか半年前まで、こんな夏になるなんて思っていませんでした。

おもえば、平和な中でのうのうと生きていました。

自由に海外旅行に行き、コンサートに行き、スポーツの応援もし、レストランや居酒屋で乾杯し、大声でしゃべって盛り上がっていました。

それは当たり前の事ではなかったのですね 😢

平和のありがたさとか、健康のありがたさとか、ぜんぜんわかっていませんでした。


画像は TOKYO2020 より

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、来年7月23日に開会する東京2020オリンピックの開始時刻に合わせ、本日(2020年7月23日(木・祝))20時より、大会を目指す全てのアスリートへのエール、大会を支えてくださる全ての人々への感謝・敬意を込めた動画を、オリンピックスタジアム(国立競技場)から世界に向けて発信しました。

「今から、1年後。オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら、どんなに素敵だろうと思います」。暗闇に包まれたオリンピックスタジアムに、あるアスリートのメッセージが響き渡りました。

競泳の池江璃花子選手です。上下白の衣装に身を包み、東京2020オリンピック聖火が灯るランタンを持ちながら、ゆっくりと言葉を紡いでいきます。

https://tokyo2020.org/ja/news/one-step-forward-plus-one-message-ja

 

TOKYO2020のホームページで、水泳の池江璃花子選手が、1年後への希望をのべています。

彼女は、白血病に罹患し闘病しました。抗がん剤治療により髪の毛も抜けました。

私も2年前に抗がん剤治療をしたので、そのつらさはよくわかります。

彼女は若いから回復は早いでしょうけど、元の体や元の体力になるには、並大抵ではないと思います。

でも、なんとしても次のオリンピックに出てほしいです。

彼女が手に持っている聖火。

これは希望の火です。

 

 

いつまでつずくかわからないコロナ禍。世界情勢は悪化の一途。武力衝突にまで発展しそうな状況。

そんな中でも、希望があれば生きて行けます。

池江選手の言葉で少しだけ希望が持てました。

そして、こうして頑張っている若者が、自分の夢に向かっていける世界にしなくちゃいけないと強く思いました。

どうしたら、そんな世の中になるのか? 私に何が出来るのかわからない。

でも、もっと政治や世界情勢に興味を持って、ちゃんと投票する日本人を増やさなければいけないのだと思いました。

国民の声を政治家に届けなければいけないと思います。

 

 

ブログランキング・にほんブグ村へ