抗がん剤ってどれだけすごいのか、今頃、副作用で気が付く(涙)

最期の抗がん剤を点滴したのが、7月17日。

その二日後の7月19日に、白血球が減らない薬のジーラスタを注射しました。

最期の抗がん剤からもうすぐ3か月になるのに、今頃、抗がん剤の副作用を感じるようになったのです(涙)

抗がん剤ってもっと早く抜けると思っていた

ulleo / Pixabay

予想では、最後の抗がん剤が終われば、1ヵ月もすれば元気になれるだろうと思っていました。

完全に私の予想が甘かった(涙)

乳がんの先輩諸たちに聞いたところ、もっともっと長~~~く、抗がん剤の影響が残る人が多いのだそう!!

今の私の状態は、ジーラスタ(白血球が減らないための薬)の効き目はなくなり、抗がん剤は体に残っている状態だと感じます。

ジーラスタが効いていた時には、せっせと骨髄が白血球をつっていたのでしょう。その効き目が薄れ、抗がん剤だけが残り、骨髄抑制=白血球が作れない状況 なんだと思います。

今日も、あきらかに具合が悪かった・・・・・

ずっと朝から夕方まで、軽い貧血のような体調でした。時々すわったり、休んだりしながら、なんとかダリアの作業をこなしました。ご飯のしたくも3食ちゃんとしました。ネットショップの発送もしたよ。疲れました。

そして、夜 (今ここ) あるテーマについてブログを書こうと思ったけど、頭が回らない(涙)

脳まで血液が登っていけてないような感じです。

なので、テーマ変更。今の体調を書くことなら考えなくても書けるから、今日のブログはこれにします。

猛毒、抗がん剤(涙)

最期の抗がん剤の7月17日、化学療法室の看護師さんが、抗がん剤の点滴の針を刺すのを失敗しました。

ちょっと血管からずれてしまったらしいのです。その時は、そんなに痛いとも思わず、2~3日で注射のあとなんて直るだろうと思っていました。

ところがその血管の付近は、次第に痛みが増し、重苦しくなり、腕を大きく動かすことができなくなりました。肩こりがひどいのでストレッチしようと思っても、痛くてできないのです。

結局、ストレッチができるようになるまで1ヵ月以上もかかりました。

ちょっと注射針がずれて抗がん剤が筋肉に少量残っただけで、1ヵ月も痛いなんて、抗がん剤ってどれだけ強い薬なのか想像できました。

自分の体を通して、その怖さを実感しました。

抗がん剤って、もともとは毒ガスの研究からできたものなので、本物の毒なのです。毒をもって毒を制す、というのが抗がん剤です。

がんをやっつけてくれるとともに、私の体の細胞も痛めつけてくれちゃうのよね(涙)

なので、自分の体調が早く治るように、早寝早起きして、ストレスをなくして、気持ちよく生活しなくちゃいけないのです。

抗がん剤には副作用があるとわかっているのだけれど、現時点では、他の良い治療方法が確立されていないので、やっぱり抗がん剤を受けることになりました。

抗がん剤は悪い事ばかりではないのです。今、抗がん剤ががん細胞をやっつけてくれているんだ! まだ、私の体の中で頑張ってくれているんだ! と思うことにします(爆)

早く副作用のない治療法を!

国民の半分はがんにかかるご時世です。

先日ノーベル賞を受賞した、本庶佑・京都大学特別教授の免疫療法や、楽天市場の三木谷浩史社長が支援している、小林久隆さんの光免疫療法など、副作用がないがんの効果的な治療法が早く確立しますように!

今日は、もう眠くて起きていられません。さっさと寝て体調を調えます。

こんな私を応援しようと思う方、下のバナーをクリックしてくださいね 💓


ブログランキング・にほんログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。