カザフスタン一人旅 4日目 私と同じ女一人旅の友とバイテレクで待ち合わせ 

スポンサーリンク

私がカザフスタンへ一人でたどり着いたのが2019年6月25日でした。

カオルさんは遅れること2日。27日にヌルスルタンに到着しました。

彼女も私と同じ、一人で日本からカザフスタンの首都ヌルスルタンまでやってきたのでした!

私にとってはカザフスタン4日目の6月28日、この日は一日フリーの日でした。なので、カオルさんと13時にバイテレク前で落ち合うことにしました。

バイテレクとは、カザフスタンの首都ヌルスルタンの象徴的な塔。ほとんどの観光案内にのっている特徴ある塔で、高さが105メートルあります。

バイテレクは古代遊牧民族の神話に出てくる「生命の木」だそうです。てっぺんにある球形の黄金のドームは、毎年、聖なる鳥サムルークが木の冠に産み付ける卵で、太陽を象徴しているのだそうです。

カオルさんとは、ディマシュに関するインスタの書き込みで知り合いました。

お互いに一人でカザフスタンまで行くことを知り、ここカザフスタンで初めて会うことになったのです。

13時、ドキドキしながらカオルさんを待ちました。周りには中国人の若い女の子たちの団体が! これはきっとディマシュのコンサートに来た中国人dears(ディマシュは自分のファンのことをdearsと呼びます)に間違いありません。

来た! 来た! カオルさんが「逸子さんですか?」と声をかけてくれました。

カオルさんは、北京空港の乗り換えの時に、同じく名古屋から一人でやって来たゴナちゃんと知り合い、一緒に連れて来てくれました ❤

日本から一人でやって来た勇敢な女3人組になりました(笑)

ディマシュのファン同士なので、何のためらいもなくすぐに打ち解けました Σ(・□・;)

まずは、なにはともあれ腹ごしらえです!

トリップアドバイザイーを事前に調べて、バイテレク近くのカフェをチェック。そこに向かいました。ここは Cafestar というお店で、バイテレク近くの公園前。欧風のバラエティ料理のお店でした。

このお店もとても洗練されていてきれいでした。地元の人たちがパーティをしていました。うれしいことにウエイトレスさんが英語が話せたので安心! というのは、ゴナちゃんもカオルさんも英語がはなせるから!

ゴナちゃんがたのんだのは、モンゴル風のスープ。あとでパンも山盛り持ってきてくれました。

カオルさんがたのんだものは、野菜のグリル。

糖質制限中の私は何と言っても肉。きのこソースのビーフステーキ。これが大きくて厚くて、ゴナちゃんとカオルさんに手伝ってもらって、なんとか完食。

そしてタシケントティーを3人でシェアしました。


以前にも書きましたが、グリーンティをベースにしていて、ハーブやレモンや蜂蜜などが入っている甘いお茶です。これがおいしかった。ここでもみんな気にいってくれました。日本ではタシケントティーを出しているお店はないのかな?

お値段は日本に比べたら断然安くて、日本の3分の2くらいの感じ。半額まではいかないような気がします。

腹ごしらえもすんで、いざバイテレクへ上ることにしました。

ここはカザフスタンの国内の観光客にも人気で、結構こんでいました。特に前大統領のヌルスルタン ナザルバエフ氏の手形があるところは大混雑でした。

これはバイテレクの地上97メートルから見た景色

奇抜な建物が並ぶ未来都市という感じです。

カオルさんとゴナちゃん

ここで、カオルさんとゴナちゃんとはお別れ。またあとで、コンサート前夜祭で会う事を約束して別れました。

カオルさんとゴナちゃんが乗って一日観光したバスがこちら。主な観光地を巡っていて、乗り降り自由だそうです。

日本ではあったこともない接点のなかった3人が、異国の地カザフスタンで落ち合うなんて、なんだか不思議です。これもディマッシュがつないでくれたご縁です。大事にしたい!

さて、ホテルからこのバイテレクまで、私は歩いて往復しました。その散歩で見たもの、感じたことは、また次回のブログで書きます。

 

ランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓

食事療法ランキング
 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出たり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。2018年乳がん発症闘病中。カザフスタンの歌手 ディマシュ クダイベルゲン dimash  のファンです。 くわしいプロフィールはこちらです。