偽物の胸を量産 ブラとパッドは全摘患者の永遠の課題

スポンサーリンク

乳がんで左乳房を全摘したのが2018年3月。

私は、長男の帝王切開、自分の両股関節の骨を2回ずつ、そして今回の乳がんと、6回もオペをしました。20㎝以上の傷が6個も Σ(・□・;)

まさに、傷だらけの人生だわ(苦笑)

なので全摘になって左胸がえぐれても、これ以上はメスを入れたくないので、乳房再建はしないつもりです。

という事で左胸のブラに入れるパッドは一生必須アイテムになりました。

一生というか、ボケて胸のことなんて思いださなくなるまでかな?  ボケないつもりではいるけど、これだけは自分ではどうにもできません(涙)

全摘のオペ以後、ワ〇ールの乳がん全摘用のブラを試着したり、パッドもいろいろ試してみました。

でもどうも気にいらず、結局は自作しました。

その時のブログはこちらです。

そのパッドを数個作って、今まで使ってきました。

改良すべき点もみつかったし、1年以上つかって多少くたびれてきたので、また作りました。

偽物の胸を量産

もう今からお嫁に行かないし、母乳をあげるわけでもないし、オバンの胸の左右の大きさがちがっていても見る人なんていないと思うけど、死ぬまで少しでも美しくいたいと思うのが女です(苦笑)

洋服を着た時に、あまりにも左右の大きさや位置がずれないようにしたい!

前回の自作パッドでおおよそは合格ですが、改良点もあります。

・ 中にパペット(ビーズ)と手芸用わたを入れていましたが、わたは必要ない → もう少しボリュームを減らしたい

・ ビーズを四角の袋に入れてからパッドに入れていたのだけれど、それだと形が自由にならない。残っている自分の右の乳房は、重力に逆らえずに垂れています。それなのに偽物の胸が垂れないのは不自然です。ビーズが重さで自然に下に集まるようにした方が良い。

・ わたを入れずにビーズを少し増やして重くした方が良い。左は乳房がないので、胸に引っかからずにブラが上にあがってきます。それの防止のために、少しでも重い方がよい。

などです。

その改良点を踏まえて自作しました。


今回は全部で5個作りました。中には不織布を重ねて縫ってます。この中に直接パペット(ビーズ)を入れました。


上から見たところ。下の布は平らです。


横から見たところ。貧乳でもパッドがないとやはり不自然なのです。

これでまた1年使ってみます。

現在のお気にいりのブラ

ワ〇ールの乳がん患者用のブラも試着しましたが、高いわりに気に要らず、結局使っていません。

西友のブラが気にいっていましたが、現在はこっちの方がお気に入り。

なんと GU のスポーツブラ 990円 なり!!

JU サイドシームレススポーツブラ Sサイズ
ポリエステル73%・ナイロン19%・ポリウレタン8%   990円

リーズナブルだし胸をホールドしてくれる。そして、首のところがピタッとフィットしています。

夏はあきが広い洋服だと、かがんだ時に胸の谷間ではなく、えぐれた胸が見えてしまうのです(涙)

このブラは首の下までピタッと収まるので、かがんだ時にもえぐれている胸が見えることがありません。

ただし、この肩の部分が襟元から出てしまいます。

去年の夏はこのように見せブラとして着用してました。

こちらの経緯については、去年のブログに書いてあります。

今年はこちらのブラも投入

またまた GU のスポーツブラです(笑)


こちらが背中側。背中が空いている洋服でも上のブラよりは対応できそうです。

いつもはこのブラで生活するのにぜんぜん困りません。

パーティなどのお呼ばれには困る

ところがこの夏、パーティ に出ることになりました。ボートネックの着物リメイクの黒ベースのドレスを着ようと思っているので、肩をどうしよう?

去年、主人の兄の法事がありました。その時は喪服で首が詰まっていたので、スポーツブラでも問題ありませんでした。

華やかな席でどうしようか?

今、悩んでいるところです。

まぁ、カザフスタンでのディマシュのコンサートの前夜祭なので、楽しい悩みなのです。

もう少し、楽しみながら考えてみます(笑)

ブログランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓
食事療法ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出たり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。2018年乳がん発症闘病中。カザフスタンの歌手 ディマシュ クダイベルゲン dimash  のファンです。 くわしいプロフィールはこちらです。