乳がんのオペから1年の健診

今日は平鹿病院の乳腺外科へ行ってきました。

左乳房全摘のオペをしてから1年と1か月、ちょっと遅れましたが1年健診でした。

今日の健診

今日は、マンモ、超音波、骨密度、血液検査 と盛りだくさんでした。

3カ月に1回の病院通いですが、毎度緊張します。

今回は特に、1年健診という事で、マンモ、超音波、骨密度があったので疲れました。

健診の結果

マンモも、超音波も異常なし(ホッ)

骨密度は、ホルモン剤を飲み始めた8月と比べて、ほんの少しだけ下がっていました。治療を要するほど悪くはなく、カルシウム補強の薬も今のところは必要なしという事でした。

背骨が痛いのは、やっぱりジーラスタという薬の影響がまだ残っているせいでしょう。

先生の触診も、健側の右の乳房もリンパも異常なし。全摘した左も、傷もきれいになっているし、リンパもだいじょうぶでした(ホッ)

今のところは、再発の兆候は乳房に限って言えばないようです。

他の臓器などはわからないけど、積極的に再発を探す治療はしないとのこと。再発の場合は、早期発見でも遅い発見でも、生存率に違いはないそうなのです Σ(・□・;)

私のがんの性質は、増殖能力が高いがんでした。だから先生も抗がん剤を勧めたのでした。再発したらあっという間に広がって、長くは生きられないだろうと覚悟しています。

でも、その時はその時、できる限りの事はするつもりです。

今は、あまり深く考えず、何とかなるさ! と思って暮らすことにしています。

血液検査の結果

問題の血液検査。

一番の悩みだった白血球の数が、抗がん剤の前の数値まで戻ってました! うれしい~~~

人並の抵抗力が戻ってきたという事ですね。神様は、私に、「ディマシュのコンサートを見にカザフスタンへ行っていいよ!」と許可をくれたようです。ありがとうございます (⋈◍>◡<◍)。✧♡

ただ、悪いところもまだまだあります。

肝臓の数値は、

GOT 38
GPT 54

と高い Σ(・□・;)

背中、特に右の背中が重苦しいのは、このせいでしょう。

お酒をがぶ飲みしているわけでもなし、自分ではどうすることもできない数値です。

これもあせらず、気長につきあっていかなくてはいけないことなのでしょうね。

副作用? 足のむくみと足がつること

先生に、足がむくむことと、毎晩のように足がつることをお話しましたが、すべてがホルモン剤の副作用とは言えないとのこと。その程度のことなら、ホルモン剤を続けて様子を見ましょうということです。

確かに、命に別状がある症状ではないから、少しは我慢しなくてはいけないのですね。

どうしてこうなるのか理由はわからないけど、収まってくれるのを待つだけです。

異常がないことに感謝

今のところ異常は見当たらず、ホットして帰途につけたことに感謝です。

ボケた母を残して、私が先に死ぬわけにはいきません。

できるだけストレスを減らして、おおらかな気持ちで、感謝して生きていこうと思います。

秋田県では、今、一斉に春の花が咲き乱れています。美しい季節です。

こんな季節をまた来年も迎えられますように!

ブログランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓

食事療法ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村