手編みサロンへ参加のみなさまへ サロン終了のお知らせ

スポンサーリンク

手編みサロンに参加のみなさまへ

サロン終了のお知らせ

小須田逸子です。

いつも大変お世話になっております。

乳がんの手術をして1年が過ぎました。抗がん剤も終了し、今はホルモン療法をしております。このホルモン療法の薬の副作用で体調が思わしくなく、精神的にとても不安定な日々が続いております。

自分では、1年もしたら元のように元気に働けるものと想像していましたが、現実はそんなに簡単ではありませんでした。薬がだんだん体に蓄積して副作用が強くなってきました。この薬はあと4年は服用しなければならず、体調がすぐに改善するとは考えにくいです。

手芸メーカーや出版社などの最新情報を得るには、定期的に東京に通い展示会などに訪れなければいけないのですが、今はその元気もありません。古い情報しかお伝え出来ないのは、講師として悲しく情けないことです。

自分に負担になることは、今はできるだけ避けたいと思います。26年間つづけてきた手編み教室ですが、ここで終了したいと思います。

大仙市のサロンは6月1日まで、秋田市のサロンは認定講座を受けている方が合格するまでで終了させていただきます。秋田市の目標は6月までです。

今のところの予定は、
大仙市 4月6日・5月11日・6月1日
秋田市 4月4日・4月9日・5月9日・5月14日・6月6日・6月11日 です。
回数も少ないのでこの間は何度いらしてもいいです。

せっかく私を選んで通って来ていただいているのに、本当にごめんなさい。たいへん心苦しいのですが、今は治療に専念させてください。

現在、通ってくださっている方には個別にお手紙でも連絡いたします。

どうか、手編みは続けて楽しんでくださいね。

本当にありがとうございました。

みなさまのご多幸をお祈りいたします。

ブログランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



▼この記事をSNSでシェアする▼

2 件のコメント

  • 小須田さん、脳は他に集中しているものがあれば、そこに割って入れないので、ネガティブな考えが浮かんできたら、ほかに集中することを見つけて没頭すればいいようです。落ち込むとき、「また脳が変なことを考えていると」気分転換になるように、近くの観音さまに御参りに歩きに行ったり、庭仕事をします。糖質制限食頑張られていますね。ガン支援センターか主治医に相談するのもひとつかもしれません。10ヵ月位位気持ちのときもありました。焦らず少しづつ… 踏ん張ってー

    • ありがとうございます。
      今は、カザフスタンの歌手のディマシュ クダイゲルゲンに夢中です(笑)
      それに、もうすぐ森川農園の手つだいもしなくてはいけないので、落ち込んでいる暇がなくなると思います!!

  • ABOUTこの記事をかいた人

    高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出たり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。2018年乳がん発症闘病中。カザフスタンの歌手 ディマシュ クダイベルゲン dimash  のファンです。 くわしいプロフィールはこちらです。