平穏で平和な日々 実はこれこそがしあわせなのだ

スポンサーリンク

ここ2~3日、ノドが痛くて風邪気味。

熱もないし普通に動けるからたいした事はないのです。だけどだるい!

雪かきをしたらすぐに気持ちが悪くなったので、必要最低限で今日はやめました。

抗がん剤の副作用のだるさを忘れていることに気がついた

そうそう、抗がん剤の副作用の時は毎日このだるさだった ( ;∀;)

最悪の時期には、ご飯の支度以外はベッドでじっとしていていました。

最後に抗がん剤を点滴してから半年、副作用の辛さを忘れていた自分に気がつきました。

忘れているということは、調子が良いということなのですね 💖

半年で体調はほとんどもどった

抗がん剤中は、手の爪も足の爪も、色素沈着で紫色になりました。

今は手の爪は全部が元の色にもどりました。足の爪は先の方の4分の一ほどがまだ紫色だけど、これも時間の問題。もうじき以前の色にもどるでしょう。

髪の毛もずいぶん伸びました。今はセシルカットくらい。寒いので春まではニット帽をかぶっていようと思っています。

春になって暖かくなったら、もうケア帽子もニット帽も卒業。これを機に髪の毛を染めるのはやめます。グレーヘアでいきます。実際はごま塩状態ですけど(笑)

乳がんを告知されてから1年

去年の1月31日に乳がんの告知を受けました。

検査の結果を聞きに行った時、主治医の先生が
「 一人で来たのですか? 」
と言ったので、
「 ああ、やっぱり乳がんだったのだ。」とわかりました。

あっという間の一年でした。
人生感が変わりました。

お陰様で、今、体調も良く元気です。本当にありがたいです。

どうぞこの平和な日々が続きますように

心の片隅には、少しだけ、再発とか転移とか心配する気持ちがいつでもあります。

でも、私が心配しても悩んでも、それはどうにもならないこと。いつまで元気でいられるか、生きられるのかなんて神のみぞ知るです。

自分でどうしようもない事に悩んでもしょうがない。

食べ物とか、生活習慣とか自分でコントロールできるところはして、あとはできるだけ穏やかな気持ちで生きていくのみです。

できることなら母を看取ってから逝きたいので、それまではお迎えに来ないでとご先祖様に毎日お祈りしています(笑)

今日も楽しいことをしてましたよ!

できれば今の自分ではない、すごい自分になりたかった。それなりの成功を収めて、お金も余るほど自分で稼いで、みんなにチヤホヤされていたかった。もちろん、今からでもタダですぐに手にはいるのなら欲しいけど(笑)

でも、そういうものは墓場には持って行けないのです。

今できることをして、できるだけ楽しい事をして暮していきます。そしてちょっとでも何か誰かの役に立つ事ができれば、さらにしあわせです。

今日は、例のカザフスタンのイケメン歌手、ディマシュ・クダイベルゲン の歌をYouTube で聞きながら、一人でニタニタしながら過ごしました。

玉置浩二の「行かないで」をディマシュが歌っているYouTubeも発見しましたよ。

今日もみなさんに、ディマシュの歌の素晴らしさをおすそわけ 💖

今日も、暖かい部屋で眠れて、朝ふつうに目がさめて、おいしいごはんが食べられて、ブログも書けたことに感謝です。

下のバナーをクリックして、応援していただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。