生きているということは奇跡の連続

スポンサーリンク

12月9日の深夜、無事バルセロナから帰国しました。

おかげさまでお天気にも恵まれ、楽しい旅ができました。

いろいろな奇跡が重なって、こうして旅行ができています。
・家の中でも杖をついていた私が、2010年に両足を人工股関節にしたことで、こうして長い距離も歩けるようになった奇跡
・2年前、主人が還暦祝いをかねて海外旅行に行こうと誘ってくれた奇跡
・それ以来、ニューヨーク、ローマ、今年はバルセロナへ毎年でかけられた奇跡
・母がなんとかまだお留守番ができる健康状態である奇跡
・乳がんを患ったけど、旅行ができるまで体力が回復した奇跡

本当にたくさんの奇跡が積み重なっていることに感謝です。
こんな旅行ができることは、どんなに恵まれていることなのか、かみしめながら眠ります。
でも時差の関係で私はまだ眠くなりません(涙)

スペインから帰国して、本日の12月11日は谷中ほぐしの森で体の調子を整えてもらってから、実家の秋田へ帰りました。招き猫のにゃあにゃも今日はちょっと寒そうでした。

暖かいバルセロナから寒い東京に帰ったのと、安心して疲れが出たのとで、今朝起きたら腰痛が(涙) 谷中ほぐしの森に寄る時間を確保していて本当によかったです。実家に帰りつくころには腰痛もだいぶ落ち着いてきました。

秋田県大仙市は20cmほど雪が積もっていました。ばあちゃんも元気でほっとしました。腰痛が良くなるまで雪かきをしなくていいように、しばらく雪が降らなければいいなぁ・・・・・

明日からまた、森川農園のオカンの仕事、ネットショップの仕事、ブログの更新など、目だたない地味な仕事をコツコツやっていきます。

またマイレージが貯まったら今度は東欧に行きたいね、と話しながら帰って来ました。その時まで健康と経済状態と世界の平和が、どうぞ続いてくれますように!!

この世に生を受け、何か役割があってこうして生かされて、主人とであって2人も子供に恵まれ、その子たちも伴侶を見つけて子どもがさずかり、すべてが奇跡の連続です。

そのうえ、こんな楽しい旅が3年も続けてできたこと、本当に感謝しかありません。

スペイン バルセロナでおきたとんでもない出来事と、最終日の帰国までのことは、荷物の整理など終わってからあらためて書きます!

こんな私を応援しようと思う方、下のバナーをクリックしてくださいね 💓


ブログランキング・にほんログ村へ



▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出たり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。2018年乳がん発症闘病中。カザフタンのシンガー、デマシュ クダイベルゲン dimash kudaigergen のファンです。 くわしいプロフィールはこちらです。