ヨガ教室へ復帰 先生覚えていてくれたよ

乳がん全摘のオペで中断していたヨガ、やっと昨日、教室へ復帰しました。

先生は覚えていてくれました

昨年の秋から今年の春にかけて5か月だけ通ったヨガ教室。

乳がんのオペをすることになり中断していました。

夏から秋にかけては、森川農園のお手伝いが忙しく、ヨガどころではありませんでした。

やっと復帰できました。7カ月ぶりの復活です。

おそるおそる教室をのぞいてみると、先生が私を見つけて「お久しぶり!!」と声をかけてくださいました。

うれしい 💖

生徒さんの数は、私が行っていた時よりすこし少な目でした。ほとんどの方は、以前見かけた方ばかりです。

お天気でスタジオはポカポカと小春日和で気持ちがよかったです。

両足が人工股関節でもヨガはできるのか?

昨年ヨガを始める時に、両足とも人工股関節で、可動域が他の人より狭いし固いので、ヨガができるのか心配でした。

そこで、まずは体験させてもらいました。

結果は、ほとんどのポーズはそれなりにできることがわかりました。

もちろん可動域が狭いので、他の人たちのように美しい完璧なポーズはできないのだけど、自分ができる範囲で体を伸ばすことはできました。

関節が外れそうで危険だとか、痛いと思ったら、そのポーズはやめればいいのだし、自分の体が動く範囲でやればいいのです。

そう思って参加させてもらうことにしました。

今までは呼吸を意識したことがなかった

ヨガが他のスポーツと違うところのひとつは、呼吸を意識するということです。

そう言われてみると、筋トレでも他のスポーツでも、呼吸をこれほど意識したことはありませんでした。たまに、

「呼吸を止めないでください。」

くらいは言われたことがあったけど。

昨日のヨガでは、片鼻呼吸を練習する時間がありました。

そうしたら左の鼻は通りがいいのに、右の鼻はつまりぎみでした。これも自分で意識したことがなくて新発見でした。

自分の体でも自分ではまったくわかっていないのですね。

気持ちよく体が伸びた

久しぶりにヨガに参加して、自分の体がどれくらい縮んでいるのかわかりました。

特に、膝の裏側や太ももの裏側の筋肉はひどく縮んでいました。

次はわき腹、腰。

肩は年中凝っているのですが、伸びて気持ちがよかったです。

そして腹筋が弱っている(苦笑)

汗をかくほど激しい運動ではないけれど、ゆっくり呼吸して、自分の体を意識することだけでも違います。

夜は心地よい疲れでぐっすり眠れました。

以前との自分の体の違い

 
仰向けでやる時と、うつ伏せでやる時、全摘してにせもの胸が入っている左は、本物の乳房のように横に流れたりしません。なのでよく見ると左右の形が違っているはずです。

固さも違うので、ちょっと違和感があります。でもポーズができないということはありません。

でもいいの、誰も私の胸を観察なんかしてないわ(笑)

私の場合はセンチネルリンパ節生検だけで、リンパはほとんど残っています。なのでリンパ浮腫を気にする必要もありません。ありがたい事です。

長く続けることが健康の秘訣

忙しいのと意志が弱いのと寒いので、なかなか自宅ではできない私です(涙)

これ、ほんの5分でも10分でもやれば違うんでしょうね。せめて週に1回、行ける時には教室に行って続けたいと思います。

練習した回数が絶対的に足りないのと、記憶力が落ちたせいで、動きとポーズの名前が一致しません。動き方もまだ全然覚えていません。

まわりの生徒さんの動きをカンニングして、なんとか遅れてポーズをする私です。

競争ではないんだから、これでいいのだ! バカボンのパパも言っています(笑)

こんな私だけど、先生は怒らないで受け入れてくれてます。

来春、森川農園の手伝いが忙しくなるまで、出来る限り通おうと思います。

こんな私を応援しようと思う方、下のバナーをクリックしてくださいね 💓


ブログランキング・にほんログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。