トレーニング復活 トレーナーの先生が私を覚えててくれた 講座名は「60歳からの筋トレ」

今日は7か月ぶりに公民館(ペアーレ大仙)の講座に参加しました。

祝、トレーニング復活!!

これから体力が落ちるばかり、なんとかそれを食い止めようと、去年の秋にペアーレ大仙で講座を見つけて筋トレに通うことにしたのです。

ところが乳がんが発覚し、オペ前の3月中旬までしか通えませんでした。結局、5か月ほどしか通えませんでした。

それから、オペをして、抗がん剤治療をして、やっと復帰の日がやってきました。

うれしいよ~~~

Wokandapix / Pixabay

講座名は「60歳からの筋トレ」

還暦の私は、この講座では若輩者です (笑)

先生が覚えてくれていて感激

うれしかったのは、講座が始まる前にトレーナーの先生が
「お久しぶりです。体調はだいじょうぶですか? 無理しない程度にやってくださいね。」
と、声をかけてくださったこと。

少ししか通っていなかったのに、私を覚えていてくれたんだぁ 💖

超うれしかったです。

去年の秋にこの講座に入る前、両足が人工股関節でもだいじょうぶか心配だったので、見学に行きました。その時に先生とちょっとお話したからかな?

なので、私が乳がんで休んでいたのは知らないと思います。たぶん股関節が悪かったと思っているのでしょう。どっちでもいいけど(笑)

とにかく、覚えてくれていたのがうれしかったです。

自分が主催している手編みサロンでも、このトレーナーの先生のように、ちゃんとみなさんのことを覚えて声をかければ、生徒さんはうれしいにちがいない。私も記憶力をきたえなくては!

なにはともあれ、こうして、みんなと一緒に筋トレできる日が来たことを自分でお祝いします。

苦手な脳の体操

講座の最初は、だいたい脳の体操から。

指を回す → 腕の動きを左右変える → 全身を使って左右違う動きをする

そう、頭を使って考えないとできない体操です。

私はこれが苦手(涙)

自分でボケてるんじゃないかと思うほどできません。

まわりの私より高齢のみなさんは、スムーズに動けているのです。中には80代の生徒さんもいるそうで、お元気(驚)

私は、自分が主催している手編みサロンでも、お釣りの計算ができず、生徒さんに
「お釣りは、いくらわたせばいいですか?」と聞いて計算してもらうほどダメダメです。
引き算、割り算は、もう脳みそが拒否します。

これって、脳がなまけている証拠ですね。認知症にまっしぐら?
少なくても、母よりは先にボケないようにしないとまずいです(笑)

縮んでいた体が伸びました

この講座は、汗がダラダラ流れるような激しい運動はしません。

60歳以上でも、無理なく体を伸ばし筋肉をつける運動です。

今日は久しぶりの参加で、けっこう疲れた感じですが、心地よい疲れです。縮んでいた体が伸びました。

夏の間は、アスパラガスの出荷の手つだいをしたり、ダリアの収穫をしたり、けっこう動いていたつもりだけど、やはり偏った動きです。

トレーナーの先生は、太ももの裏の筋肉とか、わき腹の筋肉とか、背筋とか、高齢者が弱ってしまう筋肉を知っていて、それが衰えない方法で指導してくださるので効率的です。

プロの指導はちがうよね~~~。やっぱりいいです!

最大の長所はみんなで体を動かせること

いくら筋トレをしようと決意しても、自分ひとりで自宅では3日坊主の私です。

もう、続かないのは目に見えてます(笑)

でも出かけて行ってみんなとなら、楽しいから続けられそうです。

今日は心地よい疲労、ぐっすりと眠れそうです。

今の私に一番必要なことは、健康を維持することです。この講座は最適です。

また来週の筋トレも楽しみだわ 💖

こんな私を応援しようと思う方、下のバナーをクリックしてくださいね 💓


ブログランキング・にほんログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。