話題沸騰 金森式ダイエット 糖質制限ダイエット 高脂質食

金森重樹さんという実業家がいます。

数年前に「借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記」という本を読みました。

金森さんが25歳の時、騙されて先物取引で5000万円の借金を作ってしまいます。その後、借金の総額はなんと1億2000万円にまで膨らんでしまいます。

彼はそれを10年で返済。

今は不動産関係の会社や、ホテル、歯科医、エステ、他、複数の会社を経営している実業家です。

70年生まれ。東大法学部卒業後、フリーター時代に1億円超の借金をつくる。不動産会社に就職後、29歳で行政書士として脱サラ。現在は不動産、建築、医療法人など年商100億円の企業グループオーナー、ビジネスプロデューサー。ツイッターは@ShigekiKanamori

日刊SPA! 金森重樹が考えた「逆説の糖質制限ダイエット塾」 ●著者プロフィールより

最近では、ふるさと納税の達人としても知られていました。

久々に見た金森さんの写真 あまりにやせていてびっくり

Free-Photos / Pixabay

金森さんは、ニュース等で時々写真を見ることがありました。

ところが最近、ネットのニュースで金森さんを見て驚きました。

スマートになって若返っていたからです!!

しかも、そのニュースのタイトルが

金森重樹が考えた「逆説の糖質制限ダイエット塾」

だったのです。

今年、乳がんになって、治療の助けになればと始めた糖質制限ダイエット。今の私にとって、一番に関心があることです。

しかも「小麦は食べるな!」という本を読んだばかり。昨日のブログでも、それについて書いたばかりです。

興味を持つと、そのことが目に飛び込んでくるようです。

金森さんはどんなきっかけで糖質制限をはじめたのか

こちらに詳しく書かれています。

要約すると、金森さんが歯科医院の経営にたずさわっていた関係で、ある研究論文を読みました。その内容に強い関心を抱き、実験を始めたそうです。

旧石器時代の人間は、米や小麦などの穀物を食べていなかった。つまり糖をとらない肉中心の食生活でした。そのため、当時の人類は虫歯や歯周病に一切かかることなく、親知らずも死ぬまで残っていたそうです。

金森さんは「4週間、歯を磨かないかわりに、旧石器時代食だけで暮らす。肉と魚、ナッツ類を食べ、小麦を中心とした穀物、イモ類、乳製品は摂らない」という実験を自分でやりました。

4週間、糖質をとらなかっただけで歯茎からの出血は減少し、歯周ポケット、口腔環境全体が改善されたそうです。

そして、たった4週間で90kgから60kgに体重が減ったのだそうです。それだけではなく、肌にはハリがでて疲れにくくなり、気力もみなぎり、周りの人に驚かれるほど若返ったというのです。

この思わぬ副産物にとても驚き、その後は様々な書籍や論文を読み漁り、研究を重ね、究極のダイエット法に行き着きました。それが「糖質2.0 メソッド」 金森式ダイエットということです。

金森式ダイエットとは、どのようなものか

金森さんはツイッターで

金森重樹@ダイエットのオンラインサロン開講 @ShigekiKanamori

をツイートしています。

ここで、金森さんがどのように糖質制限をしているか、つぶやいています。

そして、モニターとして糖質制限した方や、このツイートを見て自分で糖質制限している人のリツイートものせてあります。

ここを見つけて、金森さんの最初のツイートまでさかのぼって読みました。

金森さんの主張は、糖質制限はあくまで手段であり、本当の目的は血糖値を適切にコントロールすることなのです。

金森式ダイエットのやり方は、

①運動不要
②脂っぽいお肉、毎日OK
③その日体重が変動する理由が30分でわかる

です。

この③は、「フリースタイルリブレ」という測定器を腕に装着すると、2週間くらい血糖値のリアルタイムな変化を測ることができることから、可能になったそうです。

高脂質食ダイエット!!

金森さんが提唱するのは、脂を摂って痩せる「ハイファット(高脂質)派」の糖質制限です。

そもそもカロリーの摂取量を制限すると、人間の身体は「飢餓が訪れた」と察知し、省エネモードにシフトします。そうなると、やがて心拍数や呼吸の数が減り、基礎代謝が落ちてしまうのです。

逆にカロリーを多くとれば、身体はエネルギーを備蓄しなくなります。大量のカロリーが身体に入ってくるのに、そこでわざわざ体内に脂肪を蓄える必要はないと判断するのです。

なので糖質を食べないだけではダメなのです。糖質制限して不足したカロリーを脂で補わないといけないのです。

金森さんが、まず最初に食べなさいと推奨しているものは、なんと「牛脂」です!!

ええぇ~~~、脂ってダイエットの敵ではなかったの???

でも違いました。金森さん自身も、モニターさんも、すべて結果を出していました。

痩せたければ脂質に依存しなさい

そもそも糖には強烈な依存性があります。その強さはラットの実験でコカイン以上に脳内報酬系を刺激するほど。薬物中毒以上の中毒性です。

糖を摂ると血糖値が急激に上がり、ハッピーな気分になります。でも、幸せな気分になるのは一瞬。その後、すぐに血糖値が落ち込み、猛烈な渇望感が生じ甘いものが食べたくなる。この繰り返しによって糖への依存性が高まって、ますます止めれなくなるのです。

そこで糖への依存を断つために金森さんが考えたのは、「新たな依存先」を作ることでした。依存の対象先を糖から一般的には「体に悪い」と思われている脂にシフトさせる。糖質中毒から脂質依存になるのです。

中毒性の高い糖に中毒性の高い牛脂を当てる。「毒をもって毒を制す」ならぬ「脂肪をもって脂肪を制す」のです。

脂依存になると、自然と脳は甘いものを求めなくなります。これは、高脂質食を始めたツイッターのフォロワーさんたちが口を揃えていってることです。

もうひとつのわかりやすい効果としては、脂が脳の視床下部に作用して、満腹感を感じさせるホルモン「レプチン」を分泌させるので、結果として食事の量も減っていきます。

にわかには信じられなかったのですが、ツイッターを見ていると、みなさん体重は減り、不都合な体質がいろいろ改善されていてびっくりしました。

この高脂質食ダイエットも本気で取り組むとなると、食べてはいけないものがたくさんあります。ほぼ、昨日書いた「小麦はとるな!」 と同じ食品です(少しの違いがあります) けっこうハードルが高い(涙)

私は2月以降10キロやせたので、今はこれ以上体重がへらなくてもいいです。現状維持をめざします。

もし、このダイエットをやるとなると実家では無理です。ばあちゃんが、今の玄米を少しだけ食べる糖質制限にさえいい顔をしないのに、糖質を一切取らず肉だけ食べていたら何を言うか(涙)

23日から29日まで、千葉県の自宅に帰ります。その間はこの金森式ダイエットに挑戦してみようかな。

金森重樹@ダイエットのオンラインサロン開講 @ShigekiKanamori は、今後もチェックしていきます。

いずれにせよ、この高脂質食ダイエットの良い点は取り入れていきたいと思います。

こんな私を応援しようと思う方、下のバナーをクリックしてくださいね 💓


ブログランキング・にほんログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。