EC療法4クール目 最後の抗がん剤の点滴

昨日は、最後の抗がん剤を点滴しました。

明日、白血球が減らない薬のジーラスタの注射をすると、抗がん剤関係の治療は終了です!!

Couleur / Pixabay

最後の抗がん剤なのにやってまった(泣)

血液検査も無事クリア。白血球は3400ほどしかなかったのだけど、好中球が66.1%あったので、ぎりぎりセーフでした。かろうじて抗がん剤の点滴ができる数値です。もう、長引かせたくないので点滴ができて良かった(ホッ)

でもその前に、先生から「では、吐き気止めの薬を飲みましょう。」と言われて、血の気が引きました!!

やってまった(泣)

忘れてきました!!
正確には、昨夜、バッグの外ポケットに入れて準備したのに、他のバッグを持ってきました ↓ ↓ ↓

保険証・診察券・予約表・他、バッグの中身は入れ替えたのに、外ポケットはそのまま入れ替えるのを忘れました(涙)
私ってば、バカ! バカ! バカ!

「忘れてきました!」 と先生に言うと、先生は慌てることもなく、
「では病院の薬を貸しますから、つぎに病院に来るときに、自分の薬を持ってきて返してください。」と言いました。

どうたら、やってまうのは私だけではなく、時々いるらしい対応でした(笑)

忘れたのは、このお薬。明日は忘れずに持っていかなければ。

EC療法4クール 最後の点滴です

点滴後、トイレにいってびっくりする赤いオシッコ!

今回4回目なのに、またまたびっくりしました。赤い点滴のせいで2~3日、おしっこが赤いのです。赤い悪魔と呼ばれる点滴のせいです。赤い悪魔の由来は、EC療法の頭文字 Eのエピルビシン塩酸塩の色が赤いからだそう。


この点滴とも、もうお別れです。

副作用も、あと1か月もすれば収まってくるだろうと思います。ジーラスタのつらい腰痛も、あともう少しの辛抱。気長に体調がよくなるのを待つしかありません。

できることなら、もう一生、抗がん剤のお世話にはなりたくない!!

食事や生活習慣を気をつけ、ストレスをなるべくなくして、がん細胞にはおとなしくしていてほしいと願います。でも、どうなるかは誰にもわからない。もちろんお医者さんも、再発・転移の可能性が一番ひくい治療をしてくださいました。それでも、未来のことは神のみぞ知るなのです。

そうであるのなら、凡人の私がいくら心配してもどうにもならない。ということは、悩んでもしょうがないから、なるべく楽しいことをしたほうが断然お得ということですよね 💓

宝くじでも買って、当選した時にはなにをしようかな、なんて考えます(笑)

現在の副作用

抗がん剤による胃のムカムカがあります。ジーラスタの副作用の腰痛は、軽いけれどずっとあります。ジーラスタの痛み止めは前回10回分もらいましたが、全部使いました。今回も10回分出してもらいました。明日、最後のジーラスタ。強い副作用にならないことを祈ります。

前回も、前々回も、ジーラスタの注射後の3~4日後が一番だるくてつらい日でした。今週末から来週のはじめくらいが、要注意です。

脱毛は、頭髪は自主的に坊主刈りにしたので、くわしくはわからないけど、9割ぐらい抜けて白髪だけが残っている感じです。

まつげも眉毛も鼻毛も、薄くなっているけど、まだ残っています。

化学療法室の看護師さんに「4回目の抗がん剤で全部ぬけるのかな?」と聞いたら、「抜けない人もいるから、たぶんこのまま残ると思います。」 というお返事でした。全部眉毛が抜けると思って、ティントタイプという眉墨を買ったのだけど、使わないですむのかな?

あとは、爪が途中から紫色に変色しています。この色は、見るからに不健康な色~~~

先生いわく「ごはんが食べられていれば、大丈夫です。」
そうですね、確かに。嘔吐もせず、なんだかんだ言ってもごはんが食べられてる私は、副作用が軽いほうなんですね。ありがたや、ありがたや。

3週間後からホルモン剤を5年 飲みます

8月10日(金)に外来の予約を入れました。その日からホルモン剤開始です。

ホルモン剤は、骨密度が下がりやすいということです。診察の前に骨密度を計るので、診察の1時間前に来て先に検査を済ましてくださいとのこと。

それと、太りやすいらしい(泣) せっかく糖質制限して9キロやせたのに、また太るのはイヤだ!! 8月10日に、外来の看護師さんから、傾向と対策を聞いてきます。

とにかく、高額なジーラスタの注射が終わると、副作用もお財布事情も多少は良くなるはずです(笑)

願わくば、2度と抗がん剤のお世話にならなくてすみますように祈ります。



抗がん剤用帽子・ケア帽子・手芸材料のお店 トレマーガ

Etsy 海外向けマーケットプレイスTENUGUIYA


ブログランキング・にほんブグ村へ

▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。