自分のケア帽子を作ったついでに売り出した!

抗がん剤の治療がいよいよ5月7日から始まります。

それに備えて、いろいろケア帽子を試作しました。

これから夏になるので、とにかく涼しいものが欲しい!! ということであれこれ考えた結果、てぬぐいで頭巾のような帽子を作りました。

てぬぐい帽子の試作品が好評でした

自分でも気にいりましたが、FBなどで公開したら思いのほか好評だったので、ずうずうしく売り出すことにしました!

まず、漢字やひらがなが書いてあるてぬぐい。これは外人さんが好きなのではないか? と思いつき、海外のマーケットプレイスに登録しました。

Etsy というサイトです。

こちらが私のお店(笑)

売れるかどうかはわかりませんが、どれだけの人が見に来てくれるのかが楽しみです。抗がん剤治療をがんばるはげみになります。

ついでに日本でも売ろう

せっかくなら日本でも売り出そう!

以前、手芸屋の時に作って放置していたネットショップがあったことを思い出しました。今日は、そのサイトを改造して、1点、浴衣地で作ったケア帽子をアップしました。

抗がん剤用帽子・ケア帽子・手芸材料のお店 トレマーガ です。

まだ1点だけです(笑)

こちらも、売れたらもうけものくらいのゆる~い気持ちでやります。

アマゾンでもお店を開いているので、そちらにも一応登録しました。

本気で売ろうと思ったら、必死に宣伝して、作って、がんばらなければいけないのですが、なにしろ来週から抗がん剤治療が始まります。今は、まだがんる時ではない(涙)

でも、登録した帽子の画像だけは紹介しますね。

浴衣地で作ってあるので、追加で作ったら模様の出方がちがってきます。

こちらは横から見た画像。

反対側は、こうなっています。

正面から。

上から見下ろすと、大鳴門 という文字が見えます。

後ろで結んで使います。この結び方で頭の大きさに合わせられます。なのでフリーサイズ。

後ろを結ぶ前は、このように垂れ下がっています。

端と端を結びます。

この模様は、地が紺色なので頭髪が抜けているのも透けて見えません。男女兼用で使えます。

前のつばにあたる部分が大きかったら、折ってから結ぶと自分の頭のサイズに合わせられます。

抗がん剤治療が終わってからがんばる

今は、抗がん剤に備えて体力温存しなければいけない時です。

森川農園の手伝いもひかえてます。森川農園のオカンとしての血が騒いで、畑の雑草を抜きに行きたくなるのですが、見て見ぬふりです(爆)

抗がん剤治療が無事に終わって、その間に手ごたえがありそうなら、その後に力を入れたいと思います。

まずは、自分の治療を優先します!!

◆ 抗がん剤用帽子・ケア帽子・手芸材料のお店 トレマーガ

◆  Etsy 海外向けマーケットプレイス


ブログランキング・にほんブグ村へ

▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。