若い乳がん患者さんが多い! 乳がん入院8日目(オペから7日目)

お向かいのベッドの方、最初の日にベッドにいなかった。お嬢さんの幼稚園の卒園式に出て来たらしい。

若い乳がん患者さんが多い

謝恩会には出ないで、子供と親が一緒のところだけ出て来たと言ってました。

ああぁ、そんな小さなお子さんがいるのに、乳がんですか(涙)

私も乳がんで他人のことを心配してる場合ではないけど、還暦の私とでは深刻度がまるでちがう。

私だって、母を見送るまで死ぬわけにはいかないけど、子どもたちはもう成人していて、それぞれお嫁さんがいるのだから幸せだ。

cuncon / Pixabay

小さな子どもを家に置いて入院するだけでも、どれだけつらいか。

明日はかならず来るわけではない

今までこんな年齢になるまで、明日は必ず訪れて、今日のつずきがあるような気がしていた。だけど、明日が来るかなんて、本当は誰にもわからないことなのだ。

乳がんになっても、まだ、永遠にこのまま明日と言う日が来るような錯覚に陥っている。乳がんでなくても、還暦なのだから平均寿命まで生きたとして、あと20回ちょっとは桜が咲くのを見れるか?

初孫の男の子は、今1歳半。その子が結婚して孫が生まれるのが30年さきだとしたら、孫の顔は見れない確立の方が多いな。

がんで死ぬかもしれないんだから好きなことさせてよ、と母に言おう!

娘の私が還暦になっても母親にとっては子ども。母親は子どもを心配している、という構図は変わらない。

私は、半分ぼけた母親に、逆らうこともなく言うことを聞いている。母親は娘を支配しているという気持ちはないのだろうけど、私は奴隷にされている気分。

そんな母なのに、母のために死ねないという矛盾(笑) それが、世の中の老母と娘の関係なのだろう。

あまりにストレスがたまったら、今度、がんで死ぬかもしれないんだから好きなことさせてよ、と母に言おう!

いずれにしても、幼稚園の子供がいるあの若い乳がん患者さんよりは、私はまだましだ。

あの若いお母さんを見ていると、神様はあまりにひどい! と思ってしまう。

先日も外来で若いカップルが先生の説明を聞いてた。どうして若い乳がん患者が増えたのか? 食事、生活様式の変化などが原因だろうか?

退院したら糖質制限を再開する

入院中は、白いごはんしか出てこない。しかたなく糖質制限は中止している。

退院したら、もう一度、糖質制限にもどる。白米は玄米に。特に悪魔の白い粉は避ける!

退院後は、がん細胞を作らない生活を!

とりあえず、私の体の中の一番大きながんは体外に出た。これ以上、自分の体の中のがん細胞が発達しないように、気をつけなければ!!


ブログランキング・にほんブグ村へ

▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。