著しい男女格差!

今日はぐっと冷え込んだ秋田県。

寒くなって海が荒れてくると、秋田名物のハタハタがとれだします。

秋田県民にとってはソウルフーズ。冬になったら食べたい魚です 💓

ハタハタは、漢字では 鰰 = 魚の神 と書きます。

私が子どものころ、もう50年も前の話だけど、そのころはハタハタは山のようにとれて安い魚の代名詞でした。

冬になると、毎日ハタハタの焼いたの、煮たの、ハタハタズシ、塩味、みそ味、鍋、と食卓にのりました。

繁殖力があり、どんなにとっても尽きることはないと思われていました。

ところが、いつのまにか漁獲量が激減し、幻の魚となってしまいました。

それでも漁獲制限などをして、少しずつならとってもよいことになりました。

今年のハタハタはどうかな???

さて、そのハタハタです。

メスにはこの時期、卵(ブリコ)がおなかに入っています。

そしてお値段は、オス 7匹で323円

メス 3匹で442円。しかも秋田県産ではない北海道産(秋田県民は秋田県産を好みます!)

おおぉ!
毎年の事ながら、著しい男女格差です(笑)

このように、ハタハタのオスは雑魚。

メスは高級魚 💓

我が家では、まずオスを豆腐とネギとで煮つけにして食べました。

翌日はメスを塩焼きにして食べました。ブリコはプリっとして、中身がどろどろ粘って、おいしゅうございました。

年末までハタハタの季節は続きます。もう何回かは食べられそうです (^^♪

 

ランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村