アスパラガスのゆで方

スポンサーリンク

またこの記事も実家の森川農園のアスパラガスについてです。

森川農園にアスパラガスをご注文いただいた方から、ゆで方を教えてほしいとのご要望がありました。

森川農園のアスパラガスは生でも食べられるほど新鮮です。

でも私が一番好きな食べ方は、オーソドックスにゆでてマヨネースです(笑)

農家ならではのゆでるコツをお伝えしますね。

1 たっぷりのお湯をわかす

できれば森川農園のアスパラガスが入る30㎝以上の鍋がいいです。でもない場合は、アスパラガスを半分に切るなど工夫してください。

2 たっぷりの塩を入れる

お湯が沸騰したら塩を入れます。

この時、塩はこんなにたくさん入れるのΣ(・□・;) と言うくらいたっぷり入れてください。枝豆をゆでるくらいの感覚で、ケチらないでたくさん入れてください。

こうすることでゆであがりの色が濃い緑色になり、味もしまります。

3 アスパラガスを鍋に入れる

一般的には、根本が硬いのでピーラーで向いて入れてくださいなどど書かれてあることが多いです。

しかし、森川農園のアスパラガスは新鮮で柔らかいので、そんな必要はありません。何もせず、そのまま鍋に入れてください!!

時間はお好みですが、固いのが好きなら1分くらい。我が家はばあちゃんがいるので、柔らかくなるまで2分くらいあかなぁ。いつも時間は計ったことがありません。適当です。

でも素材が良いから固くても柔らかくてもおいしいです 💓

4 ざるにとって冷ます

ゆであがったらざるにとって冷まします。

この時、決して水にさらさないでください!

アスパラガスが水っぽくなります。
温野菜を食べるつもりで、暖かいアスパラガスも食べてみてください。

もちろん荒熱をとって冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいです。

あとはお好きなように食べてください。

ドレッシングでもいいし、マヨネーズでもいいです。塩をたっぷり入れてゆでると、何もつけなくてもおいしいですよ。

新鮮なアスパラガスは、甘さと柔らかさが違います!!

森川農園では、朝どりのアスパラガスをその日のうちに発送します。少しでも新鮮なものをお届けしたいから早起きしてがんばっています。明日も5時前から収穫します!!

春のアスパラガスは5月下旬までです。

6月はアスパラガスの幹を育てるので、出荷はお休み。

7月から8月下旬まで、夏のアスパラガスをお送りします。

ゆで方の注意! 

塩をたっぷりと、水にはさらさないでくださいね!!

 

森川農園ホームページ

森川農園ブログ

森川農園ネットショップ

ブログランキング参加中。クリックしてくださるとうれしいです💓
食事療法ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出たり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。2018年乳がん発症闘病中。カザフスタンの歌手 ディマシュ クダイベルゲン dimash  のファンです。 くわしいプロフィールはこちらです。