神様、意地悪すぎるよ!

スポンサーリンク

先日、飛び込んできたニュース。

水泳の池江璃花子選手が、白血病だというではないか!

来年2020年に、東京でのオリンピックを目前に控えての罹患。

昨年のアジア大会での大活躍の印象は、まぶたに焼き付いている。

当然、日本国民が彼女に金メダルを期待していた。

彼女自身、金メダルを取るつもりで練習していただろうに。

まだ18歳。

普通なら「白血病」と言われただけで相当ショックのはずなのに、告知を受けて1時間後の病気の公表だそう。

気丈にふるまっているけど、どんなにつらいか。

乗り越えられない試練を、神様は人に与えないっていうけれど、なぜ彼女で、それも今なのさ???

神様、いけず過ぎるよ!

まだ18歳の少女の言葉だよ(涙)

治療方針は、検査の結果のがんのタイプによって違うだろう。
投薬だけになるのか、抗がん剤も使うのか、骨髄移植が必要なのか?

今、彼女は孤独の海におぼれそうになっていると思う。不安で不安でたまらないと思う。でも、国民がみんな知ってる有名人だからみっともなく泣き叫ぶこともできないのだ。

私は自分も乳がんになり、告知されたときの気持ちとか、少しは想像できる。

できることなら、一生聞きたくない言葉だった。もう2度と聞きたくはない。

自分ではもうどうしようもなくて、普通のようにふるまって、普段どおりに暮らすことしかできなかったけど、心の中は大嵐だった。

母は、半分ボケているとはいえ、私の心境がわからないのか、オペにも来なかったし、退院してきても「休んでいなさい。」という言葉をひとこともかけてはくれなかった。

ボケていて、がんというものがどういう病気か理解していないのか? 理解した上で普通に接したのか? いまだにわからないのだけど、たぶんボケていて、私の病気にことなんて頭の中にないのだろう。

退院したその日から、ご飯のしたくして家事をこなしたもの。

抗がん剤で辛かった時にも、母の病院の送迎をこなした。今おもい出しても腹が立つよ。

なんで自分ががんになってまで、母に気をつかわなくてはならないの???

「大丈夫だから。」というけど、がん患者はぜんぜん大丈夫ではない。心も体もつらいのだ。「大丈夫だよ。」という患者本人の言葉をまにうけたらいけない。ちゃんと思いやってくださいね、みなさん!

そして、がんになってまで、「大丈夫だよ!」と言って、動いてしまう自分に腹がたつ。この期に及んでも、いい子でいようとする自分がイヤだ。

もっと「つらい」とか、「今日はごはんもつくれないほどだるい!」とか言えばよかったのよね、バカだね私。

池江選手のように若くもないし、国民に期待されているわけではない。もう息子二人は結婚したし、孫も生まれた。それほどこの世に心残りがあるわけじゃない。

そんな私だって、やっぱり死ぬのは怖い。死にたくはない。まだやりたいことがある。

だから、本を読んだり、ネットを調べたりして、できることはなんでもやってみようと決めた。糖質制限して10キロやせた。お酒も普段は飲まないことにした。あんなに好きだった甘いものも普段は食べないことにした。

今までなら、砂糖をとらないなんて! 白いごはんを食べない! なんてできるはずがなかった。でも命がかかっていると思ったら、それほど苦も無くできたんだよ。不思議だね。

心残りはそんなにないなんて言ってるくせに、やっぱり生きることに固執している。それが人間だ。

想像以上に大変だったのは、抗がん剤の副作用。いまだに白血球は増えずに減ったまま。だから、すぐ風邪をひいてしまう。疲れてしまう。力が出ない。

治療を甘く見ていた。

池江選手も、治療後が大変だろう。若くて体力があるから回復は早いと思うけど、すぐにハードな練習なんて無理だよ。東京オリンピックまで間に合わなくてもいい。オリンピックより命の方が大事。

絶対に直るよ、なんて無責任なことは言えない。現に白血病で亡くなる人はいるんだから。がん細胞は、人間の体からなくなることはない。一時的に見えなくなっても、体のどこかに潜んでいる。

だから治療後は、そのがん細胞にずっとおとなしくしてもらうような生活をしなくてはいけない。池江選手の場合、それができる生活環境にあるのか?

救いは、早期発見だったこと。アスリートで厳しい練習をしているからこそわかったのだ。

64ab8_929_spnldpc-20190212-0166-014-p-0

私は病気をかかえているので、もうドナー登録はできない。年齢でもひっかかる。

せめて活動団体に小銭を寄付するかな。

がん患者の先輩として池江選手に言いたいこと。

わがままを言っていいんだよ。甘えていいんだよ。泣いていいんだよ。いい子にならなくてもいいんだよ。

がんばれとは言わない。こんな時はがんばらなくていい。とにかく休むこと!


下のバナーをクリックして、応援していただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村/a>



▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出たり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。2018年乳がん発症闘病中。カザフタンのシンガー、デマシュ クダイベルゲン dimash kudaigergen のファンです。 くわしいプロフィールはこちらです。