バルセロナ旅行記 マジカの噴水ショー

スポンサーリンク

2018年12月、シニア夫婦でバルセロナに1週間旅行に行ってきました。

ツアーではない個人旅行で、すべて自分たちで計画・予約しました。

今日はマジカの噴水ショーをレポートします。

バルセロの夜に映える水と音楽の共演

私たちが訪れたのは12月6日でした。

寒さを気にしていたのですが、バルセロナではほとんど寒さを感じることもなく、この噴水のショーも楽しむことができました。

観光地の入場料が高いバルセロナでにおいて、ここは無料で開放されています。ありがたい事にホテルからも歩いて行ける場所でした。

ただ、曜日と時間に注意が必要です。冬場は、木・金・土のみ。12月は20時開始でした。

夏場はまた違うので、事前に開催日と開催時間をチェックしていった方がよいです。

最初は、普通の水の色でありふれた噴水です。

照明の色と水の動きが、音楽に合わせて変わっていきます。

前世期の万博から続く噴水ショー

1929年5月にここバルセロナで万国博覧会が開催されました。

それに合わせて作られたのが、この噴水ショー「Font Màgica de Montjuïc」だそうです。

約100年の時が経った今も、多くの観光客を魅了し続け多くの人で賑わっていました。

水の動きは、今はコンピューター制御されているのでしょか?

この噴水がある場所

空港からバスやタクシーで来ると通るスペイン広場。これはスペイン広場の中央にある彫刻です。

噴水ショーの終わった夜にとった画像なので不鮮明ですが、昼間見ると見ごたえのある彫刻です。

この広場の奥に見える宮殿。

でもそれは宮殿ではなくカタルーニャ美術館で、噴水ショーはちょうどその前の階段下の広場でおこなわれます。

階段の上から眺めるのがベストポジションだそうです。

ローマの神殿をイメージしたような4本の石柱は、世界遺産サンパウ病院やカタルーニャ音楽堂で知られる、モデルニスモ建築の巨匠プッチ・イ・カダファルク 作だそうです。

また、スペイン広場には昔の闘牛場をそのまま利用したショッピングモールがあるので、噴水ショーへ行く前に立ち寄ってショッピングや食事が出来ます。

カタルーニャ州では動物愛護のため、闘牛は今は行われていないそうです。

赤い色も鮮やかでした。

最期に、動画をお楽しみにください。


下のバナーをクリックして、応援していただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。