糖質制限ダイエット フリースタイルリブレ 血糖値測定 人体実験さつまいも編

糖質制限中です。

乳がんが発覚して2018年の2月より始めたので、もうすぐ10ケ月になります。がんは糖質をエサにして大きくなるので、糖質を制限することががんを大きくしないことにつながるのだ! というので糖質制限をはじめました。

あんまり厳しくないゆる~い糖質制限ですが、半年で10キロ体重がへって、今もキープしています。

糖質制限ダイエットには、血糖値が影響することがわかりました。それでフリースタイルリブレというものを腕に装着して、自分の血糖値の変化を観察しています。

体にもダイエットにも良くないことは、血糖値が急激に上がったり下がったりすることです。これを血糖値スパイクと言います。なので、血糖値スパイクが起きないような食べ物を食べたり、食べ方を工夫することが重要です。

私は、どんな食べ物が血糖値を上げるのか、自分の体を使って人体実験しています。

RitaE / Pixabay

どんな食べ物が糖質を上げるのか? 今までの測定結果

自分が食べて、フリースタイルリブレで調べたものにはこんなものがあります。

・ 赤ワイン ほか3食が肉 と 米を食べたときの違いほか

・ 外食 (どんぶり物)

・ 白米

・ チョコレート ナッツ おまんじゅう

・ 肉

・ チョコレート

・ チーズ

・ ハイボール

・ ラカントS

・ ケーキ

・ 肉

やはり、米、特に白米は急激に血糖値を上げます。

そして、和菓子。当然ですが小麦を使っているほか、あんこにはたっぷりの砂糖が入っています。

ケーキも小麦粉が使われているから血糖値があがります。

肉・チーズ・ナッツなどは血糖値が急激に上がることはありませんでした。

それから、味付けに使う調味料には砂糖が入っていることが多いので注意が必要です。

本日の人体実験 さつまいも(やきいも)


わが森川農園でとれた安寧芋です。

おいしそうでしょう 💖


アルミホイルに包んで180度のオーブンで焼くこと60分。

重さは小さめの 95g

さて、これを食べた結果です!!

食べる前  103
30分後  175
60分後  178
90分後  113

Σ(・□・;)

これぞ血糖値スパイク!   という典型です(涙)
大学芋も同じかな?  まだ油であげるだけマシかな?  あとで実験してみます。

健康に気を使っている人は、さつまいも単体で食べるのはやめた方がよさそうです。せめて、お料理の一部として使うか、付け合わせ程度におさめたほうがいいです。

リアルにこの数字とグラフを自分の目で見ると、恐怖を感じます。

現在、私が暮らしている実家は農家です。お米も作っています。今年はさつまいもも作ってみました。これを売らないことには生活できないので、食べるなとは言えないのです。

お米は玄米をよくかんで食べてください。食事の時には最初に野菜を食べ、お味噌汁を飲み、肉や魚を食べ、最後にごはんを食べてください。

芋類は、おいもだけ単体で食べる食べ方は控えて、料理につかってください。

今後、芋類の血糖値が急激にあがらない食べ方を研究しなければいけませんね!!

糖質の少ない米を作ったら売れるんではないだろうか???

こんな私を応援しようと思う方、下のバナーをクリックしてくださいね 💓


ブログランキング・にほんログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。