黄金かぶのバター炒め イタリアンな味付けで #糖質制限

今年、わが実家の森川農園では、はじめてお黄金かぶを植えてみました。

黄金かぶの畑


掘りたて。土がついています。洗えば、黄金色に光るめずらしいかぶです。


これが黄金かぶの畑。葉がびっしりと茂ってます。無農薬だから、葉が虫にたべられています。


こちらが洗った状態。今年はじめて作ったので、まだ育て方がよくわからず表面もでこぼこです。


皮をむくと中身も黄金色です。色を生かして薄切りでサラダにしてもきれいです。

黄金かぶ どうやって食べようか?

普通の白いかぶと比べると、大きさや形はほぼ同じです。

違いは歯ごたえです。

普通の白いかぶに比べて、身がしまっていて歯ごたえがあります。

かぶのにおいと味がするけど、ズッキーニのような固さと歯ごたえです。

さて、どうやって食べようか?

まずは普通に、お味噌汁、ぬかずけをしてみました。おいしいです。歯ごたえがあって、普通の白いかぶよりおいしい。

他になにかかわったお料理をしてみたい。

黄金かぶのバター炒め

和風の食べ方だけではなく、イタリアンな食べ方をしてみたい!

そこで、バター炒めをしてみることにしました。

完成の画像です。

森川農園 お料理レシピ   黄金かぶのバター炒め

材料 4人分

黄金かぶ 中4個  (一人1個の割合です)
黄金かぶの茎・葉 1個分くらい
付け合わせの野菜 お好みで 画像はソテーしたトマトです

オリーブオイル  少々
塩        少々
こしょう     少々
バルサミコ酢   少々
バター      一切れ

作り方

1 黄金かぶはピーラーで皮をむき、好みの1cmほどの輪切りにします。
厚みはお好みで加減してください。あまり厚いと火が通りにくいです。

2 茎を細かく切り、葉はざく切りにします。

3 フライパン熱し、茎と葉をオリーブオイルで炒めます。
軽く塩・こしょうをします。

4 3をさらに盛り、空いたフライパンで黄金かぶも炒めます。火があ通るまでじっくりと炒めます。塩・こしょうをし、バターを入れ、仕上げにバルサミコ酢を少々入れます。なければ普通の酢で代用してください。

5 お好みの野菜を付け合わせます。

以上です。
とても簡単です。

根菜なので、きびしい糖質制限をしている人は避けてほしいですが、糖尿病などでなければ十分に糖質制限食です。

意外と火が通りにくいので、じっくり弱火で火を通してください。煮くずれはしないのでご安心を。

簡単なのに、イタリアンな香りの一品です。
私の盛り付けのセンスと、写真のセンスがよければ、もっとおいしい様子が伝わるんだけど、残念・・・・・

このほか、黄金かぶとウインナのクリームスープや、黄金かぶと豚肉の炒め物なども作ってみました。また機会があったらのせますね。

よろしかったらレシピをダウンロードしてお使いください。
黄金かぶのバター炒め

こんな私を応援しようと思う方、下のバナーをクリックしてくださいね 💓


ブログランキング・にほんログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。