糖質制限 ローソンのおやつ ブランのしっとりほろにがブラウニー 試食

乳がんになり、糖質は病気に悪いというので、糖質制限をして半年で10キロ体重が減りました。

この間、お菓子は食べないようにしていました。

時々、高級お菓子をいただいた時には、しっかりと味見をさせていただきましたが(笑) ポテトチップスとか、安いチョコレート菓子とか、添加物いっぱいのジャンクフードは避けていました。

でもここへきて抗がん剤治療も終わり、体調も徐々によくなり、やっぱりお菓子が食べたくなってきました。

StockSnap / Pixabay

市販のお菓子で糖質が低いものと言ったら、話題になっているローソンのブランです。

以前、ブランパンは試食してみました。

今日は、ブランのしっとりほろにがブラウニー を試食しました。

そもそもブランて何?

ローソンのブランパンとか、ブランのお菓子って言ってますが、ブランて何?

体によさそうな、低カロリーなイメージですが、正確にブランというものが何をさすのか知りません。知りもしないで、ブラン、ブランって言ってました(笑)

調べてみたら、ブランとは 小麦ふすま だそうです。

小麦は、胚乳(83%) 皮部(15%) 胚芽(2%)の3つの部分からできています。普段食べている白い小麦粉は、この中の胚乳部分を取り出したものです。

そして、ブラン(小麦ふすま)とは、製粉工程で小麦粉にならない、皮部と胚芽部分のことを言います。

ブラン(小麦ふすま)は、白い小麦粉に比べ低糖質、低カロリーで、食物繊維、鉄分、カルシウム、マグネシウムなどの栄養成分が豊富に含まれています。特に食物繊維が100g中37gも含まれていて、他の食品に比べて群を抜いて高い数値です。

「小麦粉にならない部分」というと何だか頼りない雰囲気ですが、実はとっても栄養価の高い食材なんですね。

ローソン ブランのしっとりほろにがブラウニー 説明

これは、2018年9月4日に発売が開始されたばかりです。

続々とブランシリーズが発売されている所を見ると、低糖質ダイエットがブームということもあるけど、糖尿病や、私のようにがんの患者さんや、ロカボ防止などのために、需要が多いのだと想像できます。

袋の表面には、  糖質9.9  人工甘味料不使用 とでかでかと書かれております(笑)

以下はローソンのホームページでの説明です。

ブランのしっとりほろにがブラウニー
糖質を控えおいしさにこだわったブラン入りの生地に、ココアパウダーとチョコレートを使用して、しっとりと濃厚な味わいに仕上げました。
ローソン標準価格150円(税込) カロリー1個当り241kcal

まずは、裏側の原材料やアレルゲン、成分表などをチェック

栄養成分表示(1個当たり)
熱量  241kcal
たんぱく質  5.1g
脂質     18.2g
炭水化物   18.3g
糖質     9.9g
食物繊維   8.4g
食塩相当量  0.2g

ちなみに、炭水化物というのは、糖質と食物繊維に分かれます。
上の表をよく見ると、炭水化物の下に、ちょっと位置をずらして糖質と食物繊維と書いてあります。
糖質9.9g + 食餅繊維8.4g = 炭水化物18.3g   で計算もばっちり !

アレルゲン(特定原材料及びそれに準ずるもの)
乳・卵・小麦・くるみ・大豆

原材料名
乳等を主要原料とする食品(植物油脂、脱脂粉乳、その他)、ミックス粉(小麦粉、砂糖、難消化性デキストリン、乾燥おから、卵白粉、植物性たん白、植物油脂)、卵、マーガリン、植物油脂、難消化性デキストリン、チョコレート、くるみ、乳化油脂、ココア、植物性たん白、準チョコ、小麦ふすま/セルロース、グリセリン、膨脹剤、乳化剤、グリシン、酢酸Na、甘味料(ステビア)、着色料(カラメル、カロテノイド)、乳酸Ca、香料、増粘剤(キサンタン)、カゼインNa、グリセリンエステル

そしていよいよ味見です 💖

くるみが結構たくさんトッピングされています。

色もおいしそうなチョコレート色です。

一口ほおばると、生地は柔らかいです。でもなめらかというほどではなくて、ブランの質感が残っているのか、ちょっとだけぼそぼそ感があります。

チョコの味はします。油っぽさもあるけど、気になるほどでもないし、ほどよく濃厚かな~~~

思ったより量はあるので、おやつとしては食べごたえがあります。

ダイエットスイーツとしては、まあまあのおいしさだと思います。

糖質オフのスイーツも、もっともっとクオリティが上がってほしいです。

ブランのしっとりほろにがブラウニー 気になる点

そもそも、ブランということで小麦です。小麦はほとんどがアメリカやカナダからの輸入品です。国産の小麦を使っているのなら、こんなお値段では製品化できないでしょう。

ということは、遺伝子組み換えの小麦が使われている可能性が大きいです。

そして、原材料名に書かれている添加物の数々・・・・・
人工甘味料不使用 と書いてあっても、他の添加物が山盛りです。庶民が毎日買える値段で大量生産するには、使わなければいけないのでしょうね(涙)

このご時世、どんなにがんばっても、食品添加物や農薬や化学物質をすべて避けて生きることはむずかしいです。でも好きこのんで自分から摂取することはないよね。このお菓子を積極的に毎日のように食べたいとは思いません(泣)

できれば企業努力をして、添加物を減らして、自然の食品を多くしていってもらえればうれしいです。

私は、砂糖の他、遺伝子組み換えが心配な小麦が入っていない糖質制限お菓子をもう少しさがしてみます。

こんな私を応援しようと思う方、下のバナーをクリックしてくださいね 💓


ブログランキング・にほんログ村へ




▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。