キャンサーズギフト

ヒデキも死んじゃった(涙)

同年代の方が亡くなると、あらめて命には限りがあって、明日は来ないかもしれないと思い知らされる。

4年前の父の死

父は4年前に肺がんで死んだ。

肺がんの告知を受けて10か月、自分の葬式に呼ぶ人のリストや、葬式の席順から、私たちが困らないように準備。

私と妹に相続のことまで話し、叔母さんたちにも、孫たちにも、お別れの言葉を述べ、母にも
「ありがとう。世話になったな!」
と言って亡くなった。

私にはなぜか
「俺の人生はいい人生だった。逸子もいい人生だったよな。」
と言った。

その時は、父はあと数日で亡くなると医者に言われていたので
「うん。いい人生だったよ!」
と答えたけど、自分では「これから長い人生が続くのに、なぜ今いい人生だったと振り返らなくてはいけないの?」と思った。

それから4年で私が乳がんに

そうしたら、たった4年で私の乳がんが発覚!!

自分では長く生きるつもりだけど、もう乳がんをかかえた以上、残された時間は元気な人よりは短いというリスクを覚悟しなければいけない。

そう! 出来ることは限られてくる。あれもこれもは、もうできないのだ。

そう思って、身の回りを断捨離。実際の荷物もそうだけど、とっていたメルマガを必要ないもは解除、参加していたグループから抜けたり、snsも見る必要のないものは見なくてよいようにした。

身の回りを整理

とにかく身の周りをシンプルに!

自分がいなくなった時に、残された家族が困らないように、ということもあるけれど、それよりも、今を有意義に生きるために!

できるだけ暮らしやすいように!!

キャンサーズギフト

そして、毎朝いつものように目が覚めて、ごはんがおなかいっぱい食べられて、雨つゆのしのげる家であたたかくして眠れることが、何よりのしあわせなのだと気がついた。

究極のしあわせって、なにげない日常が普通に過ぎていくことなんだとわかった。

これがわかったのも病気になったおかげかな。ちょっとはがんにも感謝だな(笑)

これはがんからの贈り物、キャンサーズギフトだよ、ってfb友達が教えてくれた。

そうか、こういう気持ちのことをキャンサーズギフトと言うんだ。

けして元気なままだったら気がつかなかっただろう。悪いことばかりじゃないね、乳がんも!!

抗がん剤用帽子・ケア帽子・手芸材料のお店 トレマーガ

Etsy 海外向けマーケットプレイス


ブログランキング・にほんブグ村へ

▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。