ワコールリマンマの試着会に行きました

4月20日、平鹿総合病院でワコールのリマンマ(乳がん患者用のブラジャー・パッドなどを扱っています)の試着会があったので行ってきました。

ワコールは、言わずと知れた下着のトップメーカーです。

いろいろな種類の乳がん患者用のブラジャーやパッドが実際に見れ、試着して、プロのアドバイスが聞けるというので、良い機会と思って行きました。

StockSnap / Pixabay

秋田県ではめったにない ワコール リマンマの試着会

東京近郊に住んでいれば、いつでも自分の都合のよい日にワコールのショールームへ出向いて、試着やアドバイスがもらえることでしょう。

ところがどっこい、秋田県ではそんな機会はめったにありません。これを逃せばたぶん1年後です。

しかも、この日は自分のために、一人アドバイザーさんが付きっ切りで30分時間をとってくれるそうです。行くしかないでしょ!!

たくさんの種類のブラやパッドを見てさわった

デパートの下着売り場では、乳がん用のブラはほとんど置いてありません。PCの画面やパンフレットでは見たことがあるけど、実際に手に取ってみたいし、試着もしてみたい。

何歳でも、死ぬまで年齢より若くありたいし、年相応な美しさを求めるっていうものが女心です。なくした乳房も外見上はなんとか取り繕いたいというのが、偽らざる本心です。

男性のみなさん、若い女性の方、けして中高年の女性に「おばあさん」と言ってはいけません。商機を失いますよ!!  名前がわかるなら名前で、わからないのなら「お客様」で、のりのよい人なら「お嬢さん」と呼んでくださいね(笑)

アドバイザーさんは二人いて、それぞれにパーテーションで仕切られた個室で試着させてくれました。

トランクいっぱいにブラやパッドを詰めてきたようで、けっこうたくさんの商品が置いてありました。実際にさわらせていただきました。

シリコンのパッド

(画像はワコールのホームページより、シリコンのパッド)

一番に知りたかった、シリコンのパッドも数種類ありました。

手で触った感じは、柔らかくて自分の乳房に近い感触でした。

重さは、実際の乳房と同じくらいの重さのもの、2/3の重さのもの、1/2の重さのものなどがありました。手に取ると、どれもずっしりと重い感じがしました。

実際にブラに入れて試着したら、手で持ったときほど重いとは感じませんでした。

手術の傷が安定してきたら、こちらの重さがあるシリコンタイプのパッドをすすめるそうです。

なぜかというと、左右の重さのバランスをとったほうが体のために良いからだそうです。左右のアンバランスから、腰痛や肩こりを発症することもあるそうです。

そしてもう一つは、軽いパッドをしていると、ブラが上に上がってしまうからだそうです。

私の率直な感想は、これは夏は暑いだろうな、蒸れてアセモができるにちがいない! でした。

以前から夏になるとアンダーバストの締め付けられているところにアセモができて、家に帰るとすぐブラをはずしていたくらいですから。この通気性のないシリコンのパッドを一日つけているのはしんどいだろうな~~~

そして、私の場合はもともとのssサイズの乳房だったので、残っている右の乳房も小さくて、それほどアンバランスとは思わないのです。今つかっているソフトタイプのかぶりのブラでも、全摘したほうの左だけが上に上がってくるということはありません。

正直、今後もあんまり必要性を感じないでしょう。

私は、まだ手術後1か月あまりだったので、これを強くすすめられることはありませんでした。

軽くて肌触りの良い術後すぐの人向けパッド

私は術後すぐだったこともあり、こちらのタイプをすすめられました。成型ウレタンと不織布を生地でくるんだものです。重さは20gありません。


裏側はコットン100%の生地で、画像のように切込みがあります。肌触りもよさそうです。


中に入れてあるのは、こんな丸いスポンジだけです。


それをこの切れ込みから入れて使います。もっと胸を大きくしたい人は、綿やほかのパッドをもっとつめて使ってくださいということでした。

表側の成型ウレタンが、形を保ってくれているので、ブラに入れても形がきれいでした。

試着して気にいったブラ

こちらのシンプルなタイプが気に入りました。ワイヤーなしの柔らかいタイプです。

(画像はワコールから)
お値段が手ごろというものありますが、上にTシャツを着てみたら、これが一番シルエットがきれいでした。何種類か試着しましたが、レースがついた豪華版のものは、Tシャツにレースがひびいてでこぼこしてだめでした。


うしろは、パッドを入れるポケットがついています。


ポケット口が大きすぎる気がしますが、パッドの出し入れは楽にできます。

これはどこが普通のブラと違うかというと、裏にパッド用にポケットがついているほかに

・ 重さのあるパッドを入れても、肩がずれないように幅広のストラップです

・ フルカップでバストをすっぽり包みます。前かがみになった時に、オペの切り口やえぐれた胸が見えないように、中央の高さがあります。

お出かけ用に1セット購入

試着してみての感想は、やはりソフトタイプと比べてシルエットがきれいでした!

ソフトタイプと比べると、多少の締め付け感はありますが、これがブラとしては普通のしめつけ感です。

ソフトタイプは確かに楽です。おうちにいる時、森川農園のオカンとして働くときにはぴったりです。

でも、仕事やおよばれの時には、びしっと胸も整えたい。

そう思って、まずは1セット注文しました。試着会の会場では購入できません。申し込んで、後日、着払いで受け取ります。

胸が下がっていると、それだけで老けて見えます。ブラで多少は上がってシルエットがきれいになるなら、使わない手はありません。

6月から再開する手編みサロンの時には、びしっとこのブラで決めていきます(笑)

こちらは、ソフトタイプのらくちんなブラです。アマゾンからも買えます。


ブログランキング・にほんブグ村へ

▼この記事をSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

高齢の母のため秋田県大仙市の実家に移住。元ニットデザイナー。NHKの素敵にハンドメイドに出させていただいたり、手芸本に作品を提供していました。現在はネットショップを運営中。実家の森川農園の手伝いもしています。森川農園ではアスパラガス・ダリア・野菜・米を栽培しています。現在の夢は森川農園を日本一のアスパラガス農家にすること。2018年乳がん発症。闘病中。くわしいプロフィールはこちらです。